【グランヴァンエクスプレッション2種】


【グランヴァンエクスプレッション2種 カリラ2012 リンクウッド2007】

 

「カリラ2012」&「リンクウッド2007」

良質なワインカスクで、ウイスキーを熟成する…

昨今、ワインカスクの評価が見直されています。

「帝王のワイン」と称されている、「ボルドー5大シャトー」…

御紹介は、その筆頭ワインの空き樽で追熟したウイスキー2種類です。

入荷は ごく僅少数で、限定販売となります。

 

●ボルドー「帝王のワインカスク」●

世界を代表する帝王ワイン「ボルドー5大シャトー」。

「ラトゥール · ・ラフィット・ムートン・マルゴー.・オー ブリオン」

なかでも「グランヴァン筆頭」と称されるワイン樽で、寝かせたウイスキー。

・「カリラ2012」(総生産610本)
・「リンクウッド2007」(総生産303本)

…今回の御紹介は、究極のワインカスクで追熟されたウイスキー2種類です。

 

●ボルドー5大シャトーとは…●

出典https://temaeitamae.jp/mart/sake/men2/_1/04.html

世界でも、最高級ワインを指す呼称名「5大シャトー」…。

フランス・ボルドー地方の1級畑葡萄で生産されたワインです。

ボルドー地方のメドック地区には、61のシャトー(生産者)がいます。

このシャトーは、1級~5級の5つに階級が付けられています。

その最上位である、1級に位置するのが5つのシャトー…

つまり、ボルドーの5大シャトーワインとなります。

(※「シャトー・オー・ブリオン」は、グラーブ地区の第1級シャトーです。
唯一メドック地区の格付けでありながら、 5大シャトーに数えられています)

 

●「カリラ2012」7年熟成●

「帝王のワイン」と称される、ポイヤックワインの空き樽で約2年間、追加熟成…。

2樽をバッティングし、カスクストレングス59.9%でボトリングされています。

「味わい テイスティングノート」

色は、オレンジがかったロゼ。

香りは、潮を含んだスモーキーなピートの煙の中からブラックベリー、ラズベリー、オークが顔をのぞかせます。

味は、オイルをたっぷり含んだカシューナッツ、ヤングなカリラらしいしっかりとしたピートスモーク…
続いて、カシスやストロベリーの甘味が包み込みます。

フィニッシュは、黒葡萄を皮ごと食べたときようなタンニンの効いた甘味が広がります。

 

生産地……….スコットランド(スペイサイド)
蒸溜所………カリラ蒸溜所
アルコール…59.9%
熟成樽………クラレットカスク(ポイヤックワイン樽)

 

●「リンクウッド2007」13年熟成●

ボルドー五大シャトー… その筆頭ワイン空き樽で、約28カ月間の追加熟成。

リンクウッドは、生産量のほとんどをブレンド用に供給しています。

それ故、シングルモルトとして味わえるのは ごく僅かです。

「味わい テイスティングノート」

色は、ロゼの混ざったアンバー。

香りは、ハチミツ、蜜蝋、ラズベリーやブラックベリー、オーク。

味は、オレンジマーマレード、キャラメル、ブラックベリー、オークスパイス、ほんのりミント。

フィニッシュは、煮だした紅茶の苦味がアクセントに加わります。

柑橘のフルーティさに、ベリーの風味が加わったバランスの良い1本です。

 

生産地……….スコットランド(スペイサイド)
蒸溜所………リンクウッド蒸溜所
アルコール….57.3(%)
熟成樽………ボルドーワインカスクフィニッシュ

 

●エチケットは「グランヴァン」●

蒸溜所もボトラーも、こちらのワインカスクに大変注目しています。

ウイスキーのラベル絵には、なんと「グランヴァン」ワイン樽が描かれます。

近年は、ウイスキー熟成に良質のワイン樽を積極的かつ贅沢に使用することが多くなりました。

世界最高のグランヴァンに使われるワイン樽とは… 元々しっかりと選び抜かれた樽でもあります。

これまでのワインカスクフィニッシュとは、一線を画す仕上がりとなっています。

「帝王のワイン」… その魅力がボトリングされたシングルモルトウイスキー。

ぜひ、この機会にお楽しみください。

 

※僅少数ですので、売切れの際は御容赦下さい。

 

#リンクウッド#キングオブボルドー#ワインカスク#2007#カリラ#2012#スコットランド#スペイサイド#linkwood#speyside#whiskey#カスク#ウイスキー#Cask#whiskylove#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。