【鄭問 三國志 張飛 「オクトモア 10年」2011】


【鄭問 三國志 張飛 「オクトモア 10年」2011】

 

スペシャルなボトルを提供し、世界のファンを魅了する「三國志シリーズ」。

待望の武将「張飛」(総生産265本)が 入荷しましたので、御案内いたします。

●ウイスキーファインドとは…●

出典https://www.gaiaflow.co.jp/blog/tag/

ザ・ウイスキーファインドは、2014年に台湾で設立された新しいボトラーズ会社です。
 
長年ウイスキーに携わっていた創業者のオーディン氏が、高品質なウイスキーの多文化とのコラボレーションを
目的に独立したボトラーズ会社です。
 
ザ・ウイスキーファインドが打ち出すウイスキーは、すべてに高品質ということもあり入手が大変難しくなっています。
 
また、それぞれウイスキーの持つ物語があり 人気に拍車をかけています。

 
●張飛●

今回ご紹介のウイスキーは、三國志の武将張飛を冠する「鄭問三國誌 張飛」。

張飛は「1人で1万の兵に匹敵する」といわれるほど勇猛な人物で、曹操軍からも孫権軍からも高く評価されていました。

エラが張った顎に虎髭があり、雷のような声と暴れ馬のような勢いをもつ男として登場します。

ここでの張飛は、蛇矛(だぼう)を自在に操る怪力の猛将として描かれています。

そんな張飛ですが、無類の酒好きとして知られており 酒で失敗するというエピソードも残されています。

庶民的で憎めない人柄として、現在でも多くの人に親しまれています。

酒好きと豪快さは時代を超え大人気… 今も、その名を轟かせています。

 

● 「オクトモア 10年」2011 ●

張飛は、蜀の最も強力で暴力的な将軍として知られていました。

張飛は無礼で物怖じしないようなイメージですが… しかし非常に謙虚であり、彼が穏やかで優しい心を持っていたことでも知られています。

そんな張飛をラベルと冠するにふさわしく、三國志シリーズから「オクトモア」の御紹介です。

 

●総生産本数265本●

アイラ島オクトモアから力強いピートを選び、新鮮なミズナラ樽に入れ 優しく上品な味わいに仕上げています。

まだ 非常にパワフルでスモーキーなオクトモアですが、そのなかに優しくエレガントさも感じられる逸品です。

ー以下テイスティングノートよりー

Nose: ミズナラ、香木、メロン、ブルーチーズ、ブンタン、ベリー、ネクター、バニラ、潮風、スモークハム、灰、これら全ての香りに負けない力強いスモーキーな香り

Palate: 暖かみのあるフルーツ、潮風、塩味のチーズ、ミネラルとコショウ

Finish: 甘くフルーティーなメロン、灰とスパイシー、塩辛さ、ミネラル

…アイラファンのみならずウイスキーラバー垂涎の的となっています。

 
是非、 お早めの御来店をお勧めします。

 
※生産265本、ごく僅少数の入荷です。
※売り切れの際は、お許し願います。

 
生産地域……..アイラ

アルコール…..56.7%

 

#octomore#オクトモア#10年#張飛#ウイスキーファインド#三國志#アイラ#スコットランド#鄭問三國誌#Scotland#North Highland#whisky#Scotland#whiskey#ホグスヘッド#Hogshead#aged#カスク#ウイスキー#Cask#whiskylove#whisky#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。