【亀の海 春うらら 純米吟醸うすにごり生】


【亀の海 春うらら 純米吟醸うすにごり生】

 

「星の町」長野県佐久市から美味しい春酒が入荷しました。

厳寒の地、長野県信州佐久では待ち望んだ春の到来はすぐそこです…。

春はストレスの季節?イライラを手軽に解消する方法

 ●土屋酒造「数多くの受賞歴」●

出典https://kamenoumi.com/

蔵元である土屋酒造は、長野県の佐久市に蔵を構えます。

明治33年に創業し、戦時中の統制・配給時代でも休むことなく醸造を続けています。

特に昭和40年代、清酒の高品質化に注力して現代まで続く「亀の海」が生まれました。

ワイングラス日本酒アワード「金賞受賞」をはじめ、国内外で数々の受賞歴を誇ります。

2018年には 、ANA国際線ファーストクラスの提供酒に選ばれたことでも知られています。

 

●星の町「佐久」●

長野県佐久市は、北に浅間山、南に蓼科山や八ヶ岳連峰に囲まれています。

名峰を源として、日本一長い河川千曲川の雄大な流れや 清らかな湧き水にも恵まれています。

また、JAXAの観測所や日本一大きなパラボラアンテナがあることから「星の町」とも呼ばれています。

「ホシノマチ」の由来は、かつての「旧臼田町」が「星の町」と言われていたことから名付けられました。

現在も「星や宇宙」に関連する施設が多くあり、七夕の時期には天の川もよく見え満天の星空が楽しめます。

佐久の町に海はなくとも… 広い満天の星空は、”大海原”にも例えられます。

「亀の海」…その名が表す酒造りは “自然の幸”であり“人の幸”でもあります。

神都にふさわしく、古くから自然豊かな星空の地で醸されてきました。

 

●「ひとごこち」長野県産米100%●

御紹介の「春うらら」は、地元米「ひとごこち」を100%使用して醸されます。

「ひとごこち」は1995年に種苗登録申請され、長野県酒造組合での試験醸造を経て誕生しました。

長野県農事試験場が信交酒437号と信交444号を組合せ、平成6年に育成に成功した酒造好適米です。

心白が出やすく大粒で、特に高級酒造りに適した酒米とされています。

栽培を奨励されている良質な「奨励品種」としても認められています。

「ひとごこち」で醸された吟醸酒は、キレもあり淡麗… されど幅のある旨味も兼ね備えていることで知られます。

 
●「春限定」純米吟醸うすにごり生●

仕込みは、厳しい冬の期間に最盛期を迎えます。
同時に、様々な酒が搾られる時期でもあります。

亀の海 「春うらら」は、長野県産の「ひとごこち」を原料米に使用して造られました。

“搾りたて” 純米吟醸の新酒を、”春の淡雪”のように…
薄っすらとオリを絡めて、瓶詰めした季節限定酒です。

ゆんフリー写真素材集 : No. 11610 日本酒 [日本 / 東京]

立ち上がるフルーティーな香り…
優しい甘味と綺麗な酸が広がり、フレッシュでいて旨味ある味わいです。

華やかな吟醸香とともに、米の旨味をしっかりと感じます。
甘みを感じさせる余韻が、いつまでも長く続いていきます。

“春”は 御祝、出会い、そして別れの季節でも…

うららかで、ほんのり甘く、微かに心地よい ほろ苦さ…

いのち芽吹く「春」の訪れを… お酒で顕した逸品です。

 

産地…………長野県
蔵元…………土屋酒造
アルコール..16度
精米歩合…..59%

 

#亀の海#純米吟醸#亀の海春うらら純米吟醸うすにごり生#佐久#日本酒好き#亀の海春うらら#純米吟醸うすにごり生#土屋酒造#長野県#生酒#sake#Japanesesake#米#酒好き
#japanesedrink#日本酒#地酒#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。