【川中島 純米にごり酒】【純米吟醸活性酒】


川中島の創業は1540年(天文9年)。
長野県で一番古い蔵元であり、日本国内で7番目に古い酒蔵として認められています。
全業種では、なんと22番目に古い企業… 今も代々からの酒造を護り伝えています。

善光寺平に広がる川中島町は、北アルプスを源流にもつ「犀川」と八ヶ岳を源流にもつ「千曲川」に囲まれた扇状地。
古くから灌漑され、肥沃な土壌と豊富な水で酒造りには最適な地です。

酒造りを支える大切な「いのちの水」。
水の良し悪しは、酒の味わいに大きく影響します。
千野家の仕込み水は、五百年近く護り続け…今も蔵の井戸から湧き出している、千曲川と犀川の豊かな伏流水です。

また言うまでもなく、酒造りで最も大切な「いのちの米」。
千野家では信州の地に根差した伝統と誇りある酒蔵として、地元産の米にこだわったお酒を数多く作っています。

そんな蔵元より2本まとめてのご紹介です。

【川中島 純米にごり酒】
このにごり酒は、蔵の出荷数の三割程を占めるている、地元で圧倒的な支持を得ているにごりシリーズ。
にごり酒は数多くありますが、この「川中島」はちょっと違います。
長野県産の美山錦という酒米を65%まで磨いて、純米で仕上げたこだわりの逸品です。
口当たりがよく、飲み口もトロリとしています。その秘密はもろみを丁寧に裏濾ししているから。懐かしいどぶろくの素朴な旨味を感じさせながらも洗練された純米らしい味の幅を感じさせます。
濃厚ながらも優しくホッと落ち着く甘味と乳酸系の心地よさが相乗した傑作です。
独特の飲み心地と、お米本来の旨み、甘味を口いっぱいに味わえるお酒です。

産地…………長野県(長野市)
蔵元…………千蔵野酒造
アルコール..15度
精米歩合…..65%

【Kawanakajima Fuwarin 純米吟醸活性酒】

幻舞 川中島の中でもアルコール12度、優しい純米吟醸活性酒。
ボトル内で酵母たちが活発に発酵し炭酸ガスに満たされているフレッシュで新鮮な一本。

開栓当初は華やかでフルーティーな香りが引き立ち、活発な炭酸ガスがシャンパンのように舌と喉で弾けます。
瓶内で酵母が発酵を続けていますので、開栓後、数日経っても炭酸ガスは健在。
ご自分のペースでゆっくりと楽しんでいただけるのも特徴の一つ。
日が経つにつれ、ジューシーな口当たり、果実のような甘味が現れ、発酵ガスと共に優しい飲み口へと変化していきます。

アルコール..12度
精米歩合…..59%

#川中島幻舞#川中島#純米にごり酒#純米吟醸#KawanakajimaFuwarin純米吟醸活性酒#日本酒#発酵ガス#Kawanakajima#Fuwarin#純米吟醸活性酒#地酒#長野県#酒千蔵野酒造#酒千蔵野#美山錦#日本酒好き#限定酒#戸隠神社#御神酒#shishiku#sake#Japanesesake#米#酒好き#水#japanesedrink#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。