【甲子 純米吟醸 氷室瓶囲い一度火】


【甲子 純米吟醸 氷室瓶囲い一度火】

 

千葉県印旛沼のほとりの町、その名も酒造りにふさわしい酒々井(しすい)の地に江戸元禄年間創業。

酒々井は初夏にはホタルが飛び交い、耳を澄ませば虫や小さな生き物たちの声が聞こえる里山の自然あふれる地…。

また井戸から酒が湧いたという「酒の井伝説」が残る名水の地でもあります。

 

酒々井に酒蔵を構え、現在は15代目…。

300年の歴史を持つ銘醸蔵が「株式会社飯沼本家」です。

出典https://www.nihon-kankou.or.jp/chiba/123226/detail/12322ga2272086555

 

この蔵は、「甲子正宗」の名で広く知られています。

酒名である『甲子』(きのえね)は、十干十二支の60ある組み合わせの一番最初にあたります。
(…余談ですが、甲子は 甲子園の命名由來ともなっています)

物事の始まりを意味する事から、縁起の良い名前として… 地元はもとより多くの愛飲家から親しまれてきました。

 

今回ご案内する日本酒は、吟醸造りに定評のある 川口幸一杜氏が自ら仕込み 醸しあげた自信溢れる純米吟醸酒です。

 

●ワイングラスでおいしい日本酒アワード2021 金賞●

お米からお酒へ丁寧な製造の過程を終え、瓶詰め一回火入れ殺菌後、そのままマイナス5度の氷室で約半年間瓶貯蔵しています。

 

「氷室」で寝かすという先人の知恵を重んじ、また伝統の技に培われた純米吟醸です。

 

本年度「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」では、見事「金賞受賞」に輝きました。

 

●味わい●

甲子らしい、クリア感のあるリンゴやパイナップルの吟醸香が程よく上品に広がります。

火入れとは思えないほど、スムーズでまろやかな口あたりが特徴です。

口中ではジューシーな吟味と心地よい微ガス感が楽しめる一本です。

 

こちらは一度火入れですので 常温保存が可能です。

また冷やして飲んでいただくことにより、清涼感が増し 夏本番に向けて最適な一本でもあります。

夕涼みに、キンキンに冷やして夜風に当たりながらキュッと飲み干す…。

1日の疲れも吹っ飛び、明日からも頑張ろうと思える一本でもあります。

 

明日とは明るい日…
ぜひ「始まり」を意味する「甲子」の金賞受賞酒で元気になっていただけたなら幸いです。

 

産地…………千葉県(酒々井市)
蔵元………… 飯沼本家
使用米………山田錦・五百万石
アルコール..15度
精米歩合…..55%

 

#甲子#純米吟醸#甲子純米吟醸#氷室瓶囲い一度火#甲子純米吟醸氷室瓶囲い一度火#千葉県#飯沼本家#五百万石#山田錦#日本酒好き#酒々井市#きのえね#sake#Japanesesake#米#酒好き#水#japanesedrink#日本酒#地酒#生酒#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。