【まんさく純米吟醸一度火入れ原酒 「MK-X」】


【まんさく純米吟醸一度火入れ原酒 「MK-X」】

 秋田県横手市は、古くから良質な酒造好適米の産地として知られています。

日の丸酒造は、創業は元禄2年(1689年)。

蔵の名前は、秋田藩主•佐竹公の紋処が「五本骨の扇に日の丸」だったことにちなんで命名されたといわれる蔵元。

雪深い奥羽山系の良質な伏流水と好適米を使い、300年以上に渡り酒を造り続けています。

秋田流寒仕込みでの長期発酵によってお酒を醸し、”槽絞り”を行います。


 
絞りたてのお酒は タンク貯蔵ではなく、一本一本瓶に詰めて貯蔵します。

その上で 入念に熟成させるという “こだわり”を持って造られます。

 

●「まんさく」は春一番に咲く花●

出典http://tohoku-sakurakaido.jp/sakagurakaido/sakagura/view/64

日の丸酒造の代表的銘柄といえば、なんと言っても「まんさくの花」…

マンサク(万作・満作)の名は、春一番に咲く「まず咲く」という言葉が変化して付けられたと言われています。

マンサク(万作・満作)はたくさんの花をつけることから、作物の豊年満作の願いを込めて古くから親しまれてきました。

春は田植え、稔の秋は稲刈り…

 古より…稲の豊穣に感謝する花としても知られています。

 今年も、花咲く春を迎え「まんさくの花」に ふさわしい一本が届きました。

素晴らしい香りと、甘味・酸味が とても印象的な「MKシリーズ」を御紹介します。

 

●Mansakunohana Koubo project●

近年では、日本酒の商品名やラベルが多種多彩になってきました。

ラベルには、商品そのもののイメージや価値を象徴する… いわば顔のような役割があります。

今回ご紹介のお酒は、日本酒でありながら…表示は全て横文字。

まるでワインを連想させれるかのような、インパクト抜群な一本がMKシリーズです。

MKシリーズとは、「Mansakunohana Koubo project」の略です。

蔵が通常使用していない酵母を使用し、新たな味にチャレンジする… 社長と杜氏の”隠し酒”シリーズです。

2019年のMKシリーズ時から、「白麹」を使った日本酒造りに挑戦してきました。

 

●「白麹」心地良い酸味●

「白麹」とは焼酎用の麹で、柑橘類や梅に含まれる”クエン酸”を多く生成します。

心地良い酸味が特徴の日本酒が醸されますが… 製造時の温度管理等も他の麹とは異なります。

麹や酒母のバランスを工夫し、細心の注意を払い醸されています。

味わいも、通常の”まんさくの花”とは大きく異なります。

甘味と酸味の調和が取れ、白ワインを彷彿とさせる味わいです。

またクエン酸は、冷旨酸という「冷やすとおいしく感じる酸」の性質がある為、よく冷やして飲んで頂きたい一本です。

しあわせは、お蔭様への感謝のこころから…

春咲く花々を愛でながら、一献傾ける至福の一時をお楽しみ下さい。

 

産地…………秋田県(横手市)

蔵元…………日の丸醸造
アルコール..16度
原材料……… 米(山田錦)
精米歩合……50%
酵母…………..自社酵母X 
 
#純米吟醸一度火入れ原酒 MK-X#一度火入れ原酒#MK-X#純米吟醸#自社酵母X#静岡酵母#ワイン酒#山田錦#秋田県#日の丸醸造株式会社#日本酒好き#横手市#日の丸醸造#sake#Japanesesake#酒好き#japanesedrink#日本酒#地酒#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。