【野うさぎの走り】


日本酒の吟醸酒をイメージして造られた米焼酎
【野うさぎの走り】

明治18年創業。ただ頑なに焼酎を造り続ける日本屈指の焼酎蔵です。
芋焼酎「きろく」、麦焼酎「中々」を初めとした焼酎界を代表する焼酎に加え、プレミアの付く「百年の孤独」など、そのラインナップは圧巻です。

黒木本店の焼酎造りの根幹とも言えるのが「農業から始める焼酎造り」てす。
土地を耕し、種を蒔き、栽培から収穫までを自分たちの手で行うことを基本としています。
自然から生まれたものを自然に還す、それが黒木本店の焼酎造りです。

そんな蔵元から、日本酒の吟醸酒をイメージして造られた米焼酎「野うさぎの走り」を御紹介します。

蔵内で永い間、静かに眠り続けていた米焼酎の古酒と、もち米で仕込んだ贅沢で風味豊かな焼酎の出会いによって誕生しました。

甕仕込み、木桶蒸留・独自のピュアウォーターシステムによる仕込水などから生まれた米焼酎です。

ほのかな吟醸香、アルコール度数37度ながらもきめ細かい味わい、喉こしのよさ、まろやかさもあります。

かつて、入手困難な米焼酎の筆頭とされました。
今でも、目にすることは あまり多くありません。

●一世風靡したブレミア焼酎の一つです●

命名は不思議な国に誘った兎をイメージしたそうです。

「野うさぎ走り」とは、童話”不思議の国のアリス”に登場する「アリス」を不思議の国へと案内してくれた、あの「野うさぎ」をイメージしたと云われています。

同時に突然草むらの中から直線的に走り出て、深い森の中へかけていく野生のうさぎのようなピュアでクリアな酔い心地を感じられることからとも云われています。

産地…………宮崎県(児湯郡高鍋町)
蔵元…………黒木本店
アルコール..37度
原材料………もち米、米、米麹

#宮崎県#児湯郡高鍋町#黒木本店#野うさぎの走り#焼酎#きろく#百年の孤独#アルコール#焼酎好き#焼酎#米焼酎#本格焼酎#古酒#sake#Japanesesake#酒好き#japanesedrink#shou#syouchu#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市#お酒


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。