【オクトモア12.1 12.2】


【オクトモア12.1 12.2】

 

アイラ・シングルモルト・スコッチウイスキー 「オクトモア」。

世界最大のヘビリー・ピーテッドなシングルモルトであり、「世界一スモーキーなウイスキー」の異名でも知られています。

発売以来、愛好家の方々にとって伝説のような存在となってきました。

そんなオクトモアより、最新シリーズ「12シリーズ」をご紹介します。

 

●オクトモア・ブルックラディ蒸溜所●

オクトモア」は“ピーティーさ”を極めたアイラモルト|たのしいお酒.jp

出典https://tanoshiiosake.jp/5944

オクトモアは、ブルックラディ蒸溜所で製造されているブランドです。

スコットランド西岸のヘブリディーズ諸島のひとつ、アイラ島に位置する蒸留所です。

現在、シングルモルトウイスキーとジンを生産しています。

 

●ブルックラディ「3つのブランド」●

ピートの焚き込みによって、3つのブランドを造り分けています。

・ノンピート(ブルックラディ)
・ヘビリーピーテッド(ポートシャーロット)
・スーパーヘビリー・ピーテッド(オクトモア)

それぞれ個性的な風味とパッケージで根強い人気があり、多くの愛飲家から支持されているウイスキーです。

特に「オクトモア」は、世界で最もビート香の強いウイスキーとして知られています。

世界一と謳うスモーキーフレーバーは、アイラモルトファンを魅了し続けています。

 

●「12.1スコティッシュ」バーレイ●

予約商品】オクトモア 12.1 スコティッシュ・バーレイ | 酒の善波

オクトモアを語るうえに於いて【.1】エディションは、その象徴ともいえる存在です。

予想を超えて… 繊細かつパワフル、快活でダイナミック、フルーティでフローラルな味わいです。

既存のオクトモア熱烈ファンからは、良い意味で意外だと驚かれるほどに…

非常にバランスの良い、誰もが美味しいヘビリー・ピーテッドモルトです。

この【.1】エディションについては、アメリカンウイスキー樽のみで5年間熟成させることを基準としています。

ー以下インポーターコメントよりー

この「オクトモア12.1」は、実験中の実験ではあるが、12シリーズの他アイテムにとっても重要なベンチマークとなる。
スコットランド本島で収穫された大麦は、ゆっくりと蒸留され、滴るようにポットスチルから流れ落ちた。
熟成の年月を経て構築されたバニラ、柑橘類、ファッジなどのアロマは、この力強い大麦が雄弁に語りかける「ウイスキーの英知」である。

■全期間ファーストフィルのアメリカンオーク樽で熟成
■全期間アイラ島で熟成

 

産地…………スコットランド(アイラ)
蔵元…………オクトモア
アルコール..59.9度
フェノール値 130.8ppm

 

●「12.2ソーテルヌ」・カスク●

オクトモア12.2ソーテルヌカスク|ワールドリカー・ブルータス

こちらの【.2】エディションは、日本国内初登場となります。

かつて最も高く評価されたソーテルヌ樽熟成原酒… 【.2】は、その伝説の足跡を辿っています。

伝説ともなっている「オクトモア4.2」は、蒸留所の歴史で最も人気のあるウイスキーの1つです。

甘いソーテルヌワインと濃厚なピートスモークの素晴らしい組み合わせは、既に周知の通りです。

御紹介の「オクトモア12.2」は、アメリカンオーク樽で3年半を過ごします。

先ずは、フルーティでフローラルな原酒の基礎を構築します。

後に、最高品質のソーテルヌ樽へ移し 熟成させた伝説の一本。

ー以下インポーターコメントよりー

■ファーストフィル・アメリカンオーク樽熟成原酒(50%)とセカンドフィル・アメリカンオーク樽熟成原酒(50%)をヴァッティング。

■2019年よりファーストフィル・ソーテルヌワイン樽で後熟。

 

産地…………スコットランド(アイラ)
蔵元…………オクトモア
アルコール..57.3度
フェノール値 129.7ppm

 

#OCTOMORE12.1#12SERIES#オクトモア12.2#オクトモア12.1#12シリーズ#スコットランド#アイラ#OCTOMORE12.2#whiskey#シングルモルト#shinglemalt#カスク#ウイスキー#限定酒#ブルックラディ蒸留所#Cask#whiskylove#whisky#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。