【来福 元祖くだもの「りんご」純米大吟醸 生酒】


【来福 元祖くだもの「りんご」純米大吟醸 生酒】

茨城県明野町(現在は筑西市)に在る”来福酒造”…

1716年(享保元年) 、近江商人が筑波山麓の良水の地に創業と伝えられます。

筑波山麓の伏流水(軟水)の特徴を活かしながら、「品質での真っ向勝負」を理念とした酒造り一筋で現在に至ります。

酒蔵の中でも老舗中の老舗でもあり、筑西市唯一の酒蔵です。

来福【らいふく】~花酵母と厳選酒米で醸す七色の酒~来福酒造株式会社 | 日本酒と酒器のサイエンス

出典https://sake.science/raifuku/

来福の名は「福や来む 笑う上戸の 門の松」の俳句に由来しています。

酒を口にするお客様のもとに福が訪れるよう願いが込められています。

 

●美味しい酒造りは”米”と”酵母”●

長野県の酒米と酵母と水と|長野県産地酒の魅力|長野県酒造組合

約1000石と小さい蔵元でありながら、 花酵母を中心として数十種類の自社培養酵母…

お米の出来を見極めるために自社で精米し、酵母も自社で培養しています。

同じく、何種類もの酒米を用途により使い分け 様々なタイプのお酒が醸されています。

米は日本全国の農家と契約栽培を行っており、20種類の酒造好適米を使用しています。

 

● “最高賞”はじめ、数々の受賞●

現在は、日本酒だけでなく… リキュールや焼酎、ワインも醸造するチャレンジ精神旺盛な蔵元として知らています。

また、日本国内にとどまることなく、海外へも進出…

東南アジアを中心に、ヨーロッパやアメリカなどにも輸出しています。

来福酒造が醸す日本酒は数々の受賞に輝き、国内外ともに高く評価されています。

「ロンドン酒チャレンジ2018」では、最高賞となる”プラチナ賞”に輝きました。

 

●元祖 くだもの「りんご」●

今回は、”くだものシリーズ”の顔とも言える人気商品 “来福元祖 くだもの「りんご」” を御紹介します。

まるで「りんご」を思わせるようなフルーティでキュートな香りが特徴の一本。

昨年も販売しましたが、即完売となったほど…
とても人気を博しているシリーズとなります。

日本酒にあまり慣れ親しんでない人にも、気軽に日本酒を楽しんで欲しい…
そんな思いから”くだもの”をイメージしたお酒を醸すこととなりました。

「りんご」を狙って醸す、難しい命題を具現化できたのは気鋭の来福酒造なればこそ…

お米の出来を見極めるために自社で精米し、酵母も自社で培養するなど原料には一切妥協しません。

酒造好適米は信頼できる農家と契約栽培しており、もちろん”りんごの花酵母”から醸されています。

アップル・林檎(リンゴ)のフリー素材 | 商用利用可能 - オドフラン ~いつもどこかに「なるほど」を~

「いい米がいい麹を造り、いい酵母と合わさり… 来福酒造の製品は完成していく」
…蔵からのメッセージであり、ボリシーです。

このお酒の醍醐味は、口に含んだ際の微発泡感…そしてきめ細やかでハツラツとした酸味です。

まるで若いリンゴを丸かじりしたときのようなイメージで、フレッシュかつ洗練された味わい…

上品な甘みの中に心地よい苦みもある為、飲み飽きすることのなく非常にバランスの取れた仕上がりになっています。

ラベルデザインは、フードイラストレーターの「まるやまひとみ」さんが担当しています。

 

私的な余談で恐縮ですが…

春イラスト/無料イラストなら「イラストAC」

終戦直後、明るい時代へ願いを込めて歌われたのは “リンゴの唄”…

ちなみに私達の学生時代は、リンゴといえば “ビートルズ”でした。

ビートルズに欠かせない存在であったのは “リンゴスター”てす。

“希望と平和” を歌うカリスマであり象徴でもありました。

どんなに厳しい冬でも… その後には必ず “春” が訪れます。

いのち芽吹き花咲く、春の季節…
リンゴのお酒で、素晴らしい未来へ杯を重ね傾けられたら幸いです。

 

産地…………茨城県(筑西市)
蔵元…………来福酒造
アルコール..16度
精米歩合…..50%
酵母………….りんごの花酵母

 

#Concept Workers #来福元祖くだものりんご純米大吟醸生酒#純米大吟醸#来福 元祖くだもの#りんご純米大吟醸生酒#純米大吟醸生酒#ひたち錦#りんごの花酵母#茨城県#筑西市#来福酒造#日本酒好き#まるやまひとみ#りんご純米大吟醸#sake#Japanesesake#酒好き#日本酒ヌーボー#japanesedrink#日本酒#地酒#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。