【TEELING SINGLE MALT “BRABAZON”】


【TEELING SINGLE MALT “BRABAZON”】

 

今や、世界中で大人気となり入手が難しくなってしまったウイスキー「TEELING 」。

今回は、話題のアイリッシュウイスキーのインディペンデントボトラー「ティーリング」限定シリーズ「ブラバゾン」の第4弾、ホワイトポートフィニッシュ13年熟成をご紹介いたします。

 

ティーリングウイスキー社はアイルランドのダブリンに本拠を構えるインディペンデントボトラー(独立瓶詰業者)です。

 

アイリッシュウイスキー業界にアイルランドの”独立”の気運を再び取り戻そうと、当時のクーリー社の社長であったジャック・ティーリング氏が、ハンドクラフト&スモールバッチのアイリッシュウイスキーを作るべく、クーリーを離れて2012年に設立しました。

 

出典https://liqul.com/entry/4209

 

アイルランドの蒸留所と樽の供給に関する契約を結び、使用する樽を長期にわたり確保することに成功。

しかし、その後の展開を考え蒸留所の建設にも着手し、ようやく2015年9月に正式にオープンしました。

 

この今回の限定シリーズ「ブラパゾン」は、ティーリング蒸留所があるダブリン市内のニューマーケット地区にゆかりのあるウイリアム・ブラパゾン伯爵の名前を冠しています。

彼は17世紀にこの地区を支配していた時に、まだ町の小さな市場に過ぎなかった同地区を、活気ある産業地域へと発展させた立役者なのです。

 

この時代にティーリング家の祖先であるウォルター・ティーリング氏がダブリンに蒸留所を建設したのです。

そしてこのシリーズは酒精強化ワイン樽の熟成がアイリッシュシングルモルトウイスキーに及ぼすユニークで特徴的なフレーバーに焦点を当てています。

 

1弾はシェリーカスク、2弾はポートカスク、3弾はペドロヒメネスカスクでしたが、今回はホワイトボートワインフィニッシュです。

2007年に蒸留されポートワイン樽で熟成されていたシングルモルトを、DOC カルカベロス産のホワイトポートワイン樽で2年間フィニッシュしました。

49.5%にて瓶詰めされ、10,000 本がリリースされました。

香りは、キャラメルにママレード奥にマスカットやハニーの甘さ…。

ボディはドライフルーツ、フィグ&ハニー、ママレード、スパイス、フィニッシュはスパイシー&タンニンが長く続きます。

 

ポートワインカスクですが、ワイン樽の特徴的でもあるベリ一系のニュアンスや甘さは少なく、非常にソフトにエレガントに馴染んでいます。

ソフトなボディに上品なポートワインカスクの甘みとタンニン&スパイスが綺麗に拡がります。

 

今後さらなる人気が予想される「ティーリング」。

WWA (ワールド ウイスキー アワード)にてベスト アイリッシュシングルモルト(2015)を受賞するなど今やその動向が世界中のウィスキーファンの注目を集めます。

なかでも、話題の「ブラバゾン」シリーズしかも13年熟成という完成された一本ですので、是非お見逃し無いようにお願いします。

 

※ごく僅少数の入荷ですので、売り切れの際は御容赦ください。

※お一人様一本限りとさせていただきます。

産地…………アイルランド
蔵元…………ティーリングウイスキー社
アルコール..49.5度

#TEELING#TEELINGSINGLE MALT#BRABAZON#ティーリングウイスキー#ホワイトポート樽#ブラバゾン#TEELINGwhisky#Ireland#シングルポットスティル#malt#BourbonCask#カスク#ウイスキー#限定酒#Cask#whiskylove#whisky#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。