【東北最古の「963」ウイスキー21年 】


【東北最古の「963」ウイスキー21年 】

 

笹の川酒造は、明和2年(1765年)創業の歴史ある蔵元です。

阿武隈川と支流の笹原川に挟まれた、水と緑豊かな安積盆地にあります。

冬の酒造りは、吾妻颪(おろし)と呼ばれる寒風のなかで清酒や焼酎などを手がけています。

また、戦後間もない1946年にウイスキー製造の免許を取得し「東北最古」の地ウイスキーメーカーとなりました。

御紹介するウイスキーは、「963」シリーズの集大成とも呼べる最高峰の21年熟成ウイスキーです。

笹の川酒造 | ものがたり酒店

出典https://www.sasanokawa.co.jp/

 

●「963」シリーズとは…●

その名の由来は、福島県南酒販株式会社が企画し笹の川酒造が製造するウイスキーであることから来ています。

「963」とは…両社の所在地である「福島県郡山市」の郵便番号です。

明治維新から 連なる郡山の「開拓者精神」と「自由闊達」を持ち、他に左右されない風土を伝えたいという思いを表現しています。

御紹介の「21年熟成 963」は、最低21年以上の熟成されたウイスキーの原酒がブレンドされています。

味わいを最大限に活かすため原酒のままの状態にこだわり、加水は一切していません。

また自然のままの無着色にこだわり、冷却濾過も施していない一本です。

 

●「イチローズモルト」と「笹の川酒造」●

イチローズモルト 秩父Ichiro's Malt Chichibu | ブランド | DFS | T ギャラリア

「イチローズモルト誕生の立役者」

「笹の川酒造」は、かの有名な「イチローズモルト」誕生の立役者でもあります。

2004年、羽生蒸溜所が売却されることになりました。

羽生蒸溜所にある約400樽のウイスキー原酒は破棄される危機に陥ります。

その際に、この「笹の川酒造」で原酒を預かってもらうことができました。

こうして2005年5月に初ボトリングされ、羽生蒸溜所の原酒を元に「イチローズモルト」は誕生しました。

 

●「長期21年熟成」国産ウイスキー●

…笹の川酒造は、新興のクラフトディスティラリーではありません。

東北最古のウイスキーメーカーとして、誇りを持って蒸留を行ってきました。

笹の川酒造が貯蔵してきた良質な原酒たち…
様々な原酒をブレンドした本格的な味わい…。

イチローズモルト発祥の物語など… また蔵元の歴史などに想いを馳せて口にするのも一興です。

芳醇な香りと柔らかな飲み口で、21年以上にもわたる時間の流れを ゆっくり楽しめる一本です。

 

※僅少数に付き、売切れの際は御容赦ください。

 

産地………….福島県(群山市)
蒸留所……….笹の川酒造
アルコール….58%

 

#ウイスキー21年963#ウイスキー21年#963#限定酒#963シリーズ#福島県#群山市#笹川#笹の川酒造#南酒販株式会社#ウイスキー#ウヰスキー#58度#Cask#whisky#malt#spirits#drink#地酒#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。