【アデルフィ MORTLACH 2003  BENRIACH 2012】


【アデルフィ MORTLACH 2003  BENRIACH 2012】

 

大人気シリーズ「アデルフィ」よりニューリリース2種をご紹介いたします。

いずれも、色は魅惑的な濃いダークカラーで カスクストレングスとなります。

 

●アデルフィとは…●

モルト好きにはたまらない高品質インディペンデントボトラーとして名高く、またその小さなラベルがトレードマークでもある「アデルフィ」。

その歴史は古く1862年にアデルフィ蒸留所として、スコットランドのグラスゴーで創業しました。

残念ながら1906年には停止してしまいました。

それから長い沈黙を経てアデルフィの名前が市場に復活したのは1993年の事でした。

創業時のオーナーの曾孫がインディペンデントボトラーとして、活動を再開しました。

「常に品質を追い求めて、大量生産に走らずに、高品質を維持する」をポリシーに掲げています。

そのボリシーは、現在の新オーナーに経営権が移ってからも 頑なに守られています。

 

●伝説のウイスキーライターが所属●

品質にこだわっている一つの例が、「ウイスキーテイスティングチーム」。

毎回のボトリングでは樽選びのために数人のグループが同時にテイスティングをするのですが、その中核メンバーがあのチャールズ・マクリーン氏なのです。

彼は今までに数多くのウイスキーに関する著者を残しており、業界でも署名なウイスキーライターです。

多数のサンプルを取り寄せて 良質な樽を厳選しているのですが、なんとその割合は約20サンプルの中からたった1つを選び出すという徹底ぶりです。

近年では 待望の新しい蒸留所「アードナムルッカン」も順調に稼働を続けており、今後のアデルフィの活動に目を離せません。

 

【MORTLACH モートラック2003 17年】

●世界生産本数228本●

人気とともにボトラーリリースが難しくなっている「モートラック」。

既に、2000年代前半からの原酒はあまり見かけなくなった貴重品です。

さすがアデルフィのセレクション… 選ばれし秀逸なモートラックです。

 

●味わい テースティング●

色は濃く、ダークに近い琥珀色。

香りは カスタードプリン、甘いスーズのような香り。

ボディはフルボディ、綺麗なフローラルな甘さにジューシーなモルトを感じられます。

フィニッシュには僅かなスモークとビター感が続きます。

地域…スペイサイド
度数….56.6%

 

【BENRIACH ベンリアック 2012 9年】

●世界生産本数263本●

日本市場へは極少量… 限定オファー品となります。

2016年にブラウンフォーマンに買収されたベンリアック。

こちらは買収以前にビリー・ウォーカー氏が携わっていた時期に生み出され、ボトラーに供給された貴重な原酒になります。

ベンリアック×2010年代原酒×ファーストフィルのシェリーカスクの組み合わせで、とても貴重です。

 

●味わい テースティング●

色合いは、深いダークカラー。

香りは カステラの焦がした部分、レーズン、酸味あるカカオの香り。ボディはチョコレート、オレンジビター、マンダリンが味わえます。

フィニッシュには、ホットなカカオビターが続きます。

地域…スペイサイド
度数….59.6%

 

※お一人様一本限りとさせていただきます。
※僅少数に付き売切れの際はご容赦下さい。

 

#アデルフィ#ADELPHI#MORTLACH#BENRIACH#2003#2012#モートラック#ベンリアック#スコットランド#スペイサイド#カスク#ウイスキー#シングルモルト#Scotland#スコットランド#whisky#リフィルアメリカンホグスヘッド#Cask#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。