【 Bootleg 2015 ブートレッグ ワイン ワークス】


【 Bootleg 2015 ブートレッグ ワイン ワークス】

 

安くて美味しいコスパワインの代名詞ともなり、多くのワイン愛好家で知られる「カリフォルニア ナパヴァレー」。

ナパヴァレーワイナリーより、評価90点台を誇る大注目の「2015年ヴィンテージ・ブートレッグ レッド」を御案内します。

 

● Bootleg(ブートレッグ)の誕生●

出典https://sirita.jp/product/bootleg-pr2015/

ナパヴァレーの歴史を語る上で欠かせない「フリーマーク・アビー ワイナリー」。

そのアシスタントを勤めた「ブライアン・コシー氏」。

彼の醸造におけるルーツは、ワイナリーで磨き上げられた伝統的な製法にあります。

数多の経験を活かし、赤ワインのブレンドを何度も何度も試験的に行なってきました。

彼が密かに温めていた、ブレンドワインへの情熱…

その夢が開花し 誕生したワインが、御紹介のBootlegです。

 

●数々のワイン誌でも高得点 2015●

こちら 2015年のブートレッグ レッドは、辛口批評で知られ世界的に権威ある「ワインアドヴォケイト誌」で驚異の90点を獲得。

また「ヴィノテーク誌2019年1月号」でも、2015年ヴィンテージは 田崎真也氏の評価 18.5/20点 という高得点を得ています。

 

●ワインアドヴォケイトとは…●

ワイン界のカリスマ「ロバート・パーカー氏」が発行しているワイン雑誌です。

その辛口批評や掲載される膨大なワインの量、そして豊かなテイスティングコメントに多くの人が注目する専門誌です。

ワインの色や外見の評価、風味の複雑さ、後味の深さなど…
全体のレベルや、将来的に熟成が進んだ際に素晴らしいワインになるのかどうかなどが点数化されていきます。

85点以上のワインとなると世間的には評価が非常に高く、その数は全体の1%に満たないと言われています。

 

● ブートレッグ レッド 2015 ●

「テイスティング ノート」

ブライアンが目指しているものはフルボディーで香りが高く、ダークフルーツとパワーを兼ねそなえたワインです。

ワインの大事な表情を左右するメルローは、ナパのステージ・コーチ ヴィンヤードから収穫されたブドウを主に使用しています。

先ずは、フランボワーズ、ローストしたスパイス、フルーツ香…
そしてソフトで豊かなタンニン…

続いて、他のブドウ種により造り出されるストラクチャーと奥行きがあります。

ブレンド由来の旨味と豊かさが兼ね備えられています。
また、バニラの味わいと紅茶のニュアンスも感じられます。

 

●ブレンデッド割合●

メルロー53%
プティ・シラー21%
シラー20%
カベルネ・ソーヴィニヨン4%
カベルネ・フラン1%
プティ・ヴェルド1%

それぞれをフレンチオーク樽84%(新樽比率28%)とアメリカンオーク樽16%(新樽比率2%)で、長期の20ヶ月熟成を経て造られます。

…今、世界の注目を浴びている 美味しいナパヴァレーワインです。

 

※とても人気となっています。
※完売の際は、お許し下さい。

 

産地…………………カリフォルニア
タイプ……………..赤(フルボディ)
ヴィンテージ…….2015年
アルコール…..15.5%

 

#ブートレック#ワインワークス#メルロー#2015#カリフォルニア#USA#redwine#whitewine#Californiawine#カリフォルニアワイン#赤ワイン#白ワイン#ワイナリー#ぶどう#aichi#酒屋#愛知県#岡崎市#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。