【日本初上陸ウイスキー2種】


【日本初上陸ウイスキー2種】

 

今回のウイスキーは、本来ならば空港などの免税店用に製造されたシングルモルトです。

しかし 昨今の新型コロナウイルスの影響により、免税店販売は甚大な被害を受けています。

蒸溜所からの要請を受け、1000ml規格でボトリングされた 特別な2種類を御紹介します。

 

【グレンスコシア カンベルタウン 1832】

かつて「世界のウィスキーの首都」と呼ばれたカンベルタウンにおいて、今も稼働している数少ない蒸留所のひとつです。

創立1835年… 度重なるオーナー変更とともに、閉鎖と再開を繰り返してきました。

…2014年にロッホローモンドグループが所有して以降は、精力的リリースが続いています。

ボトル名にある「1832」とは、グレンスコシア蒸溜所の創業年を指します。

 

●数々の 輝く受賞歴●

・WWA2017 ベストカンベルタウン シングルカスク。

・2018ベストカンベルタウン シングルモルトに選出。

・ワールドウイスキーアワード2018「金賞受賞」

通常のグレンスコシアよりもピートフレーバーを効かせた、リブランド後初となる免税店限定流通商品。

ペドロヒメネスシェリー樽で後熟しているため、スモーキーさと甘みの魅力的な調和が愉しめる個性的なシングルモルトです。

カンベルタウンモルトらしい、潮の香りとふくよかさが特徴の一本です。

地域……………キャンベルタウン
アルコール……46度

 

【ロッホ ローモンド オリジナル EXCLUSIVE FOR JAPAN】

・国内正規未流通商品

・日本初上陸「EXCLUSIVE FORJAPAN 」

・WWA2017 ベストスコッチグレーン選出。

1966年にリトルミル蒸留所の第2工場として、スコットランド最大の湖であるローモンド湖畔に誕生。

同蒸留所を象徴する特殊なローモンドスチルで有名ですが、それ以外にもスワンネックのポットスチル、連続蒸留器も保有しています。

多彩な蒸留器からは、数々のユニークな原酒を生み出しています。

2014年のオーナー変更により生産ラインなどが大幅に拡充、また蒸留所内にクーパレッジ(樽工場)を保有する数少ない蒸留所です。

 

●「国内正規未流通」日本市場初●

特別ボトルのラベルには「EXCLUSIVE FORJAPAN」の文字が記載されています。

カートンも、同じ文字が描かれたステッカーがロゴ下に貼りつけられています。

最高級のオーク樽で丁寧にマリッジを行うことによる、アロマとフレーバーの完璧な調和。

なめらかな口当たりで飲みやすく、エレガントでフルボディなウイスキーです。

心地よい独特な個性と、ほのかなスモーキーさをお愉しみいただる一本です。

地域……………ハイランド
アルコール……40度

 

…どちらのボトルも、空港などの免税店にむけて製造されるシングルモルトです。

コロナ禍により… リザーブしていた原酒を、日本市場に向けて特別にボトリング。

おそらく本年が最初で最後になるであろう、正規輸入の1000ml シングルモルト。

ずっしりとした重みと特別な味わい… 是非 この機会をお見逃しありませんように。

 

#グレンスコシアカンベルタウン1832#グレンスコシア#カンベルタウン#1832#ロッホ ローモンドオリジナルEXCLUSIVE FORJAPAN#ロッホローモンドオリジナル#EXCLUSIVE FOR JAPAN#キャンベルタウン#ハイランド#Campbelltown#Highland#whiskey#vintage#免税#空港#ウイスキー#Cask#whiskylove#anniversary#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。