【恵那山 Cheers 純米大吟醸 長野 “金紋錦” 火入れ】


【恵那山 Cheers 純米大吟醸 長野 “金紋錦” 火入れ】

慶長6年(西暦1601年)以来、400年以上にわたって酒造りを行ってきた「はざま酒造」

南アルプスの最南端、霊峰”恵那山”の伏流水を仕込水に醸される一本。

出典http://enasan.jp/kuramoto/

恵那山は… 長野県阿智村と岐阜県中津川市にまたがる、中央アルプスの最南端の標高2,191mの霊峰。

“日本百名山” および “新・花の百名山” にも選定されています。

古事記や日本書紀にも「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」が登拝したことが記されます。

日本武尊といえば “草薙神剣”…
熱田神宮の御神体となります。

地元では、天照大神が お産まれになった際に…

「胞衣 えな(へその緒)」を納めた地とも伝え、多くの伝承を持つ霊山として知られています。

日本武尊とは 伝説となった古代日本最大のヒーロー -武将辞典

はざま酒造では、 恵那山から戴く”いのちに水”に感謝の心を込めて…

清らかな水の如く… 澄んだ酒を目指し、酒名を「恵那山」と名付けました。

毎回大好評で ”即完売”となってしまう “Cheersシリーズ” より…

新たな挑戦として…

「金紋錦」で醸された限定酒が登場しましたので、御紹介します。

 

 ●Cheersとは… 応援の意味●

日本でも、先の見えない状況が続いています。

「Cheers(チアーズ)」という言葉には、乾杯という意味に加えて応援するという意味もあります。

こんな時だからこそ…

「恵那山を楽しんで下さる皆様や酒販売店…

そして、飲食店の方々を応援していきたい…」

「また、なにより この日本酒をお楽しみいただくことで…

恵那山に関わってくださる人々に笑顔になってもらいたい。」

…今回の応援酒は「金紋錦」で醸された “Cheers” となります。

 

●金紋錦とは… ●

金紋錦とは、たかね錦と山田錦を交配させた品種です。

1956年に開発された、長野県生まれの酒造好適米です。

金紋錦は、長野県の北部にある「木島平(きじまだいら)村」でしか栽培されていない “超稀少品種” です。

地元のJAや酒米農家が「村外には出さずに村の特産とする」と決めており…

金紋錦に対する思い入れには並みならぬものがあり、まさに信州の幻の酒米。

御案内は、酒造好適米の中でも「幻の酒米」として…

注目を集めている「金紋錦」で醸された貴重な一本。

金紋錦で醸された酒は、爽やかな吟醸香と複雑な旨みがあることで知られます。

こちらは、とても清らかな淡麗な味わいです。

ラベルは、爽やかな味らしくスカイブルー色…

長野の澄んだ空・清流をイメージしています。

まだ 先が見えないコロナ禍、世界情勢など…

不安や気遣いが続く日々ですが、 このお酒を飲んでリフレッシュ…

ラベルの色の様に… 透明感もあり、とても綺麗で美味しく頂けます。

爽やかな気持ちとなって、少しづづ前ヘ進んでいけたなら幸いです。

 

産地…….. 岐阜県(中津川市)
蔵元……… はざま酒造
原材料….. 金紋錦(76%)山田錦(24%)精米歩合…麹米40%・掛米50% 
アルコール..15度

 

#恵那山Cheers純米大吟醸長野金紋錦火入れ#cheers#恵那山#純米大吟醸#金紋錦#火入れ#岐阜県#中津川市#金紋錦#山田錦#日本酒好き#はざま酒造#限定酒#sake#Japanesesake#米#酒好き#japanesedrink#日本酒#地酒#生酒#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。