【グレングラント1953 67年熟成】


【グレングラント1953 67年熟成】

 

「GLEN GRANT 1953 67 YEARS OLD」

ゴードン&マクファイル(G&M)社より…

 

シングルカスクリリースから同社の125周年を記念し「Legacy」=「遺産」シリーズ第1弾が入荷しました。

御紹介は、「グレングラント67年熟成1953ヴィンテージ」です。

 

●ゴードン&マクファイル(G&M)社●

出典https://www.jisys.co.jp/form/brands/view/1

ゴードン&マクファイル(以下G&M)社は、1895年に創業した インディペンデントボトラーです。

その長い歴史のほとんどを、シングルモルトスコッチウイスキーのリリースに費やしてきた パイオニアと言える存在です。

 

●グレングラント蒸留所●

出典https://www.yaffee.work/entry/glengrant

グレングラント蒸留所は、”スコッチウイスキーの聖地”『スペイサイド』にある蒸留所。

スペイサイドの中でもローゼス地区にあり、この地区を代表する銘柄の一つとなっています。

ジョン・グラントとジェイムズ・グラント兄弟によって1840年に創業され、品質の高さゆえに急速に評判を得ることに成功しました。

 

ジェイムズ・グラントは著名な地方政治家であり、この地方まで鉄道を敷くために重要な役割を果たしました。

結果として、その鉄道は彼のウイスキーを運搬するのに大いに役立ちました。

「グレン・グラント」は、香味バランスがよく、シングルモルトウイスキーでありながらカジュアルに楽しむことができます。

幅広い飲用シーンにマッチすることから、シングルモルトウイスキーとしては世界第2位の販売量となっています。

フレッシュでドライな味わいが特徴です。

 

●世界完全限定355本(国内6本)●

遺産シリーズ第1弾は、ウイスキー界のレジェンドとして有名なチャーリー・ マクレーンにして「シングルモルトの父」と言わしめたジョージ・アーカート氏を称えるためにボトリングされました。

ジョージ氏はG&M一族の第2世代であり、このボトルは同社125周年記念の集大成です。

御紹介の「グレングラント1953」は、世界生産数355本… 日本市場完全限定品となります。

 

●ポトルデザイン「旅路」●

在庫の大部分がブレンド目的で使用されていた時代にスコットランドのシングルモルトを擁護することに熱心だったジョージ氏は、1950年代がら遠方を旅しヨ一ロッバ各地にさまざまなウイスキーを紹介しました。 

ボトルデザインには、G&M社独自の樽で熟成されたスコットランド中の蒸留所からの貴重なシングルモルトのケースを積んだランチアガンマ(伊製高級外車)のハンドルを握るジョージ氏の国際的な旅路が表現されています。

グレングラントは、 ジョージ氏がスペイサイド地域のシングルモルトを特に好んでいたため、 レガシーシリーズ最初の銘柄として選ばれました。

 

●1953年クリスマスイブに蒸留●

このウイスキーは、1953年のクリスマス・イブに蒸留されました。

シェリー樽で長い眠りにつき、2021年1月5日に瓶詰めされました。

「世界生産本数355本(国内市場6本のみ)」

ちなみに日本市場へは6本のみ、完全限定となります。

67年熟成で、驚きの59.4度というカスクストレングス…

まさに出会えること自体が、「奇跡」そのものです。

こちらは、歴史遺産を旨として写真掲載しています。

 

●味わい●

外観は、最も濃いマホガニー…

━ 香り・風味 ━

蜜蝋ワックスの柔らかな香りが煮込んだフルーツとトーストしたヘーゼルナッツに変化する。濃厚なジンジャーをわずかにオレンジピールが引き立てる。

オータムスパイスと熟したプラムが、あっさりした黒スグリと奥の方で混じり合う。ふわりとフレッシュミントを伴って、糖蜜が押し寄せる。

━ フィニッシュ ━

フルーツやスパイス、繊細な焚火の燃えさしをいつまでも感じるフルボディで長いフィニッシュ。

 

熟成年数………..67年

生産本数………..355本

カスクタイプ…..ファーストシェリーバッド(樽番号4209)

アルコール………59.4%(カスクストレングス)

※店頭のみの御案内となります。
※売切れの際は、御容赦下さい。

 

#グレングラント#GLEN GRANT#1953#67年#67yo#GordonMacPhail#gm#Scotland#スコットランド#スペイサイド#カスク#ウイスキー#シングルモルト#Scotland#スコットランド#whisky#リフィルアメリカンホグスヘッド#ゴードンマクファイル#Cask#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。