【グレンリベット 30年 サーオビール】


【グレンリベット 30年 サーオビール】

 

●日本市場69本限定●

今回は、スペイサイド屈指の人気を誇る「グレンリベット」30年の長期熟成品を御案内します。

ご紹介は、キングスバリーの最高峰ブランド「サー オビール」の「グレンリベット1990」になります。

なかなか お目にかかれないグレンリベットの長期30年熟成品で… 国内本数は、僅か69本という少なさです。

色は、長期熟成の証ともいえるほど深く濃い琥珀色です…
このダークカラーからも、恐らく味わいは 期待通りです。

 

●キングスバリー社「サー オビール」●

出典https://www.jisys.co.jp/item/singlemaltwhisky/18.html

キングスバリー社は、スコットランド・アバディーンにて設立。

1989年よりシングルモルトのボトリングを開始し、その後ロンドンに事務所を構え専門的な蒸留酒を取り扱っている インディペンデント・ボトラーです。

これまで数々の伝説級のボトルをリリースしてきましたが、2015年に初のデキャンタ商品となる「サー オビール」をリリースしました。

「サーオビール」とは、「貴重な、稀少な」という意味です。

キングスバリー社のなかでも最高峰の位置付けとなり、秘蔵中の秘蔵で大変に貴重な原酒が選ばれています。

また サー オビールは、年に1,2度という厳選されたリリースです…
これまでのリリース銘柄からも、 味わいは 疑う余地がありません。

 

●グレンリベット蒸留所●

出典https://www.pen-online.jp/feature/food/pernodricard-glenlivet/4

グレンリベットは ゲール語で「静かな谷(リベット川の谷)」という意味で、スペイサイドの中でもリベット地区にある蒸留所です。

この地域は、かつて密造酒造りが盛んでした。

今では、グレンリベットを中心にスコッチウイスキーの聖地と呼ばれています。

 

●英政府公認第1号「シングルモルトの原点」●

スコッチウイスキーの歴史は古く、1820年代にウイスキーに高額な酒税がかけられ 多くの密造酒が造られていました。

しかし グレンリヴェット蒸留所が酒税法改正の立役者となり、1824年に政府公認第一号蒸留所となりました。

こうして 密造酒時代を終えるきっかけとなり、グレンリヴェットは「シングルモルトの原点」と呼ばれるようになりました。

 

●総生産本数246本限定●

ご紹介は、サー オビールの「グレンリベット1990」で「30年熟成」。

国内本数は、僅かに69本という少なさ…。

また30年熟成ゆえに、生産数も世界で246本のみです。

今後も話題になることは、まず間違いないでしょう。

本数も非常に限られていますので、お見逃しありませんように…。

 

※お一人様一本限りとさせていただきます。
※店頭のみでの御案内となります。
※完売の際は、お許し願います。

 

産地…………スコットランド
蔵元…………KINGSBURY
アルコール..44.6度

 

#キングスバリー#グレンリベット#glenlivet#KINGSBURY#30yo#スコットランド#スペイサイド#Scotland#glenlivet30yo#whiskey#SarObair#aged#カスク#ウイスキー#ウヰスキー#モルト#Cask#whiskylove#whisky#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。