【羽根屋 clear blue】


【羽根屋 clear blue】

 

●「名水の宝庫」富山県より羽根屋clear blue入荷しました●

富美菊酒造は大正5年創業という長い歴史と伝統を持ち、2016年には創業100周年を迎えました。

日本三霊山の一つ立山連峰の伏流水でお酒を醸しています。

 

富山県は、立山を始めとする標高2000m以上の山々を県南部に有しています。

山々から豊富に湧き出る伏流水は、県内4ヶ所で名水百選の指定を受ける「名水の宝庫」です。

そんな酒造りに適した富山県の中心部、富山市内で強い意思と こだわりを持って高品質の酒造りに臨む気鋭の酒造家が存在します。

それこそが「羽根屋」を醸す富美菊酒造です。

蔵元が目指すのは、飲めば自然と蔵元の思いが伝わる味をコンセプトに 手間隙かけて造られるお酒。

出典http://www.toyama-sake.or.jp/publics/index/35/

「羽根屋」は、基本的に特定名称酒クラスのみの品揃えとなっており、全て限定吸水で原料処理を行い「大吟醸造り」と同じ手間隙をかけて醸されています。

 

●世界に飛躍する日本酒の提案●

「羽根屋」という名称は古くからの屋号で ブランド名には「翼が飛翔するが如く、呑む人の心が浮き立つような日本酒として存在したい」という願いが込められています。

 

年間を通じて酒造りを行う四季醸造を始めた「羽根屋」は、純米吟醸生原酒の煌火(きらび)、純米大吟醸の翼(つばさ)といった新しい定番商品を始め、特別限定酒などの新しい提案を次々と行っています。

 

●国内外で高く評価される「羽根屋」●

出典https://www.internationalwinechallenge.com/about-the-sake-competition.html

世界最大規模のワイン・酒のコンペティションである「IWCインターナショナル・ワイン・チャレンジ」のSAKE部門で、2年連続ゴールドメダルを受賞。

2021年度「IWC・SAKE部門」では、ゴールドメダルの中でも優秀な成績を修めた酒に与えられる「トロフィー」の栄誉に輝きました。

 

1400を超える出品のうちトロフィーに輝くのは上位わずか2%以内です。

また「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」でも連続受賞など…。

 

羽根屋の提案する新しい日本酒は、国内外ともに高く評価されています。

今回は、富山の青い空に連なる山々…いのちの水に通じる夏酒のご紹介です。

 

●【羽根屋 clear blue】数量限定 特別リリース●

麹米に山田錦、掛米に日本晴を使った羽根屋の夏酒。

 

エチケットは、立山連峰と富山湾を繋ぐ夏の青空をイメージしています。
味は、夏本番に向けて 爽やかでクリアなキレの良い酒質となっています。

さらに 二種類の酒米が蔵元独自の五段仕込によって、爽やかさの中に風格を感じる旨味が生れました。

 

食中酒に最適な味わいとなっており、幅広く料理をしっかりと引き立てます。

常温でも冷やでも、そしてロックでも… 暑い夏を楽しめる一本となっています。

 

また、和食だけでなくエスニック料理ですら引き立てる力量も持ち合わせます。

 

常温だと旨味を、しっかり冷せば爽やかさが楽しめます。

まさに、クリア・ブルーという名にふさわしい夏酒です。

 

産地…………富山県(富山市)
蔵元………… 富美菊酒造
アルコール..15度
品種…………山田錦・日本晴

 

#羽根屋#clear-blue#限定#吟醸#富山県#名水百選#日本酒好き#富美菊酒造#限定酒#富山市#haneya#IWC#trophy#sake#Japanesesake#米#酒好き#japanesedrink#日本酒#地酒#生酒#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です