【緋扇 古式兜釜蒸留 7年古酒】


【緋扇 古式兜釜蒸留 7年古酒】

●大石酒造●

阿久根市波留にある「大石酒造」は明治32年(1899年)創業。

鹿児島県の恵まれた風土の中に蔵を構え、地元で古くから親しまれている命の湧水を使用…

伝統を重んじながらも、ユニークでオリジナリティー溢れる焼酎造りに挑戦してきました。

蔵の脇には、シンボルともいうべきレンガ造りの煙突があります。

イケメンのマネキン蔵人に会える!京都府・亀岡の「大石酒造」 | 京都府 | トラベルjp 旅行ガイド

出典https://www.travel.co.jp/guide/article/41952/

焼酎を造り続けて百ニ十余年…

こだわりの味を守り、古の技に新しい技を加え…

未来へ続く焼酎を見据え、今に継承しています。

 

●弛まぬ努力…「兜釜」の復活 ●

「兜釜蒸留」とは… 日本古来の蒸留製法です。

「兜釜でできた美味しい焼酎を、できるだけ多くの人に味わってもらいたい…」

その一心から、長年にわたる努力の結果…

高い品質、少量生産の実現に至りました。

幾度の失敗を重ね、試行錯誤を経て…

ようやく、現代に再現できた「兜釜」。

明治以前の伝統製法 兜釜蒸留 | 大和一酒造元

室町・江戸・明治時代初期まで用いられていた、伝統的な蒸留製法です。

すべて人の手でしか蒸留できないため、大変に時間と手間が掛かります。

また、何よりも熟練の技を要するので…

現代では、造ることが難しいとされた幻の焼酎です。

香味豊かで、個性溢れることで知られた「兜釜蒸留」…

他では決して味わうことができない、手造りならではの美味しい焼酎に仕上がります。

噂は耳にすれども、口にしたことは無い究極の”兜釜”…

一般市場に殆ど出回ることのない、一期一会となる希少な焼酎です。

 

●過去から現在へ紡ぐ… 熟成古酒●

日本酒の古酒(長期熟成酒)とは?味わいの変化を楽しもう - 酒みづき

御紹介は、大石酒造の技が結集…
蔵人が、精魂込めて醸し育んだ…

紅さつまと国産米を原料にした、7年寝かせの芋焼酎です。

「兜釜蒸留」でじっくりと蒸留し、原料芋「紅さつま」の特徴を引き出しています。

こちらは、蔵で長期間貯蔵し熟成させた7年古酒となります。

古酒は、長期間貯蔵することで造り手も驚くような変化を遂げることがあります。

長期熟成をさせたことで… 旨味や甘味に深みと、バランスの良さが生まれました。

 

●熟成された味わい●

兜釜で蒸留したことで引き出せる、香味豊かな個性的な味わいが魅力の長期熟成芋焼酎…

古式兜釜蒸留から、ゆっくりと滴り落ちる芋焼酎を…

じっくり熟成させ、飲みやすい25度で仕上げました。

紅さつま由来となる柔らかい甘みと香りが広がります。

グラスに注ぐ焼酎[11070018013]の写真素材・イラスト素材|アマナイメージズ

原酒を7年以上寝かせた、円熟あるまろやかな口当たり…

優しい余韻は長く続き、柔らかな旨味となって消えていきます。

伝統の技と味を頑なに守り、手造りで醸された渾身の一本です。

是非、古来より伝えた素晴らしい日本の味をお楽しみください。

 

※売り切れの際は、お許し願います。

産地………鹿児島県
蔵元………大石酒造
原材料… さつま芋、米こうじ
アルコール..25度

 

#緋扇古式兜釜蒸留7年古酒#緋扇#芋焼酎#古式兜釜蒸留#7年長期熟成#さつま芋#アルコール#鹿児島県#阿久根市#大石酒造#焼酎#古酒#sake#Japanesesake#酒好き#japanesedrink#syouchu#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市#お酒


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。