【川中島 幻舞 大吟醸 premium 無濾過生原酒】


【川中島 幻舞 大吟醸 premium 無濾過生原酒】

川中島・幻舞の創業は1540年(天文9年)。

長野県で一番古い蔵元であり、日本国内で7番目に古い酒蔵として認められています。

全業種では、なんと22番目に古い企業… 今も代々からの酒造を護り伝えています。

その歴史の長さから「川中島の戦い」に武田信玄公がこの蔵のにごり酒を飲んだとされているのもご存知の方は多いかと思います。

善光寺平に広がる川中島町は、北アルプスを源流にもつ「犀川」と八ヶ岳を源流にもつ「千曲川」に囲まれた扇状地。

古くから灌漑され、肥沃な土壌と豊富な水で酒造りには最適な地です。

酒造りを支える大切な「いのちの水」。

水の良し悪しは、酒の味わいに大きく影響します。

千野家の仕込み水は、五百年近く護り続け…今も蔵の井戸から湧き出している、千曲川と犀川の豊かな伏流水です。

また言うまでもなく、酒造りで最も大切な「いのちの米」。

酒米の王様と呼ばれる「山田錦」を使用して醸されるお酒は、上品なお米の旨味、穏やかな酸のボリュームを感と、淡麗な味わい。

それら全ての絶妙なバランスの良さはまさに一級品だからこそ出せる味わいです。

 

今回ご紹介する1本は市場でもほとんど目にする事の出来ない貴重で希少なプレミアム酒。

「川中島 幻舞 大吟醸 premium 無濾過生原酒」のご紹介です。

こちらの桐箱に収められたプレミアムは、川中島 幻舞の最高峰というだけでなく 更に無濾過生原酒です。

最高峰の純米大吟醸だからこそ、あえて搾ったままの無濾過生原酒を味わって欲しいという千野麻里子氏の強い思いから無濾過で瓶詰してある大変に貴重な一本です。

二千年以上の歴史を刻む山岳信仰の聖地、戸隠神社。

霊峰、戸隠山とその山麓に広がる神の森を連綿と紡ぐ、由緒正しき酒蔵。

古代より千野家で醸される酒は、神様への大切なお供え物の神饌には欠かせない御神酒として長野県の戸隠神社で供されています。

…その誇りは、日本の尊き国酒「御苑みその」ヘと受け継がれています。

日本一の女性杜氏「千野麻里子氏」が醸す、誰もが素晴らしいと絶賛する国酒「川中島幻舞」。

最高峰のプレミアムでありながら、更に貴重で稀少な”無濾過生原酒”。

中々出会う事の出来ない一本です。

産地…………長野県
蔵元………… 酒千蔵野酒造
アルコール..17度
原料米………山田錦
精米歩合…..35%

#川中島幻舞#幻舞#純米大吟醸#川中島#幻舞大吟醸#premium#幻舞無濾過生原酒#日本酒#無濾過生原酒#地酒#長野県#酒千蔵野酒造#酒千蔵野#山田錦#日本酒好き#限定酒#戸隠神社#御神酒#shishiku#sake#Japanesesake#米#酒好き#水#japanesedrink#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。