【香露 涼酒 純米酒】


【香露 涼酒 純米酒】

九州のほぼ中央に位置する熊本市は、江戸時代に肥後藩細川氏54万石の城下町として発展しました。

現在は国の出先機関が置かれるなど、南九州地域の中心的役割を果たしています。

市の中心には、平成19年に築城400年を迎えた熊本城が聳え…

その傍、徒歩で10分程のところに「香露」の蔵元はあります。

現在の蔵は、大正11年に建てられました。

熊本市島崎の熊本県酒造研究所 〝お酒の神様〟野白金一氏発見の酵母、全国の蔵元へ | クロスくまもと

出典https://www.hyotan.co.jp/cnt/sake/kouro.html

元々「香露」は、県内の酒造技術の向上のために設立された “研究所” でした。

明治42年(1909年)… 熊本酒の主だった”赤酒(灰持酒)”から、清酒への切り替えの必要性が高まりました。

そこで、県内生産者が力を合わせて酒造研究所を設立したのが始まりです。

 

●熊本酵母 (協会9号)の発祥蔵●

日本酒造りにおける「酵母」のはたらきとは?酵母の役割と種類について | 酒みづき【沢の鶴公式】

大正7年(1918年)に株式会社へ…
翌年、(後の社長となる) “酒の神様” と称される”野白金一氏”を技師長として迎えます。

以降は 酒の品質はめざましく向上し、各種品評会や鑑評会で全国一位もたびたび獲得していきました。

また、その他にも麹室の「野白式天窓」の考案や「野白式吟醸造り」を築きあげ…
現代吟醸酵母の礎を築いた、有名な熊本酵母 (協会9号) の発祥蔵となりました。

現在は、当たり前となった吟醸酒など…
“高品質酒” に大きく貢献した蔵元です。

今回は、熊本県産米「華錦」を用いて熊本酵母と阿蘇の伏流水で醸した “オール熊本” の夏季限定純米酒を御紹介します。

 

●熊本県オリジナル酒米「華錦」●

実るほど頭を垂れる稲穂かな | モルモットパソコン・・亀岡市のパソコン教室│パソコン修理

熊本県初のオリジナル酒米「華錦」 とは…

酒米の最高峰「山田錦」と、県の育成品種で倒れにくい「夢いずみ」の交配によって誕生した品種です。

酒造りにとって、”いのちの糧”ともいえる酒米。

酒米 (酒造好適米) に求められる条件は…

粒が大きく、しっかりとしていて精米しやすく、ほどよくきれいに溶ける事。

求められる多くの課題を、”14年” もの長い歳月をかけて…

夢を形とした、地元の想いが込められた “熊本県産米” です。

 

●香露 “涼酒” …夏向きの食中酒●

カルデラ火山である阿蘇山に降り注いだ雨は、約20年かけ豊富な地下水となって平野部に到達…

仕込水には、そんな阿蘇源流の清冽な伏流水を使用します。

「華錦」と「熊本酵母」を使用した醪を、上槽後、低温で30日貯蔵…

軽い熟成を経て、熱酒瓶詰(1回火入)… さらに瓶貯蔵させています。

熊本酵母の穏かな吟醸香と、一回火入れによる心地よいフレッシュな飲み口が特徴です。

暑い夏に、しっかり冷やしてお楽しみいただく”食中酒” をイメージして醸されました。

全体的に、爽やかな飲み口ですが…

冷やしても米の味わいやコクを感じられ、中盤に甘みを感じながらも…

後半は、さっと爽快にキレる食中酒向きに酒質設計された夏純米です。

ラベル「涼」の口の部分には、”9号酵母(熊本酵母)” をイメージして「9」が描かれます。

遊び心で表現された、素敵なラベル絵のデザインですが…

“9号酵母”の発祥蔵として、誇りと自信も表しています。

 

「四季とともにある、日本の國酒…」

五節句とは?意味・由来とゆかりの花、お祝いの時期や邪気を払う食べ物を解説 | Beyond(ビヨンド)

余談ですが…
最も大きな陽数「9」が重なる「重陽の節句」は、 “菊酒” で寿ぐ大切な日。

・一月一日「元旦」
・三月三日「上巳」
・五月五日「端午」
・七月七日「七夕」
・九月九日「重陽」

…本来の “五節句” (旧暦)です。
原点は、日本の稲作文化に由来しています。

御案内は、 “熊本酵母” の「9」。

田植えが無事に終わり、夏本番に向けて爽やかに…
この季節、皆様にお気に入りいただける涼酒です。

産地…………熊本県
蔵元………… 熊本県酒造研究所
原材料………華錦
酵母…………. 熊本(協会9号)酵母
アルコール..14度
精米歩合…..65%
 
#香露涼酒純米酒#香露#涼酒#純米酒#純米香露涼酒#日本酒#華錦#地酒#熊本県#熊本県酒造研究所#熊本県酵母#日本酒好き#新酒#sake#Japanesesake#米#酒好き#水#japanesedrink#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。