【ウイスキーファインド ミャオジアム アルマニャック31年】


【ウイスキーファインド ミャオジアム アルマニャック31年】

●総生産数570本限定●

御案内は、ウィスキーファインド社より…新しいブランドシリーズ「Meowseum(ミャオジアム)」です。

このシリーズは、日本人イラストレーター「山本修 Shu Yamamoto」さんとタッグが組まれています。

ウィスキーファインドのリリースの中でも、そのラベルに相応しいハイクオリティーなウィスキーを選んでいく「ハイレンジシリーズ」です。

●山本修 shu yamamoto●

出典https://twitter.com/shucatart

山本修は1948年に横浜で生まれ 愛知県立芸術大学を卒業し、現在は家族と一緒にアメリカのユタ州に住んでいます。

2007年、彼は息子がゴッホの自画像を模倣しているのを偶然見ましたが、顔はゴッホではなく猫の顔でした。

猫好きの彼は、これにインスピレーションを受けてアートとアートを融合させて一つの絵にする事で 世界的に有名になりました。

古代エジプト、ギリシャ時代、ルネサンス、写実主義、アジア美術など…

これまでに油絵、水彩、スケッチ、その他のメディアを含む500以上の猫の作品を世界に披露し続けました。

彼の魅力はなんといっても猫の世界観も加えている所です。

作品は、人々を猫の歴史を見るかのような 世界観に引き込んでいきます。

またブランデーの名前にもなっている「猫美術館」(Meowseum)は、世界中で展示されている作品のシリーズともなっています。

●エチケット●

今回のエチケットは、オーストラリアの芸術家グスタフ・クリムト さんの「接吻」がモチーフとなっています。

出典https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A5%E5%90%BB_(%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%83%88)

「山本修さんが作り出す風景…」

主人公は抱きしめる男女のペアであり…

背景は星空のような抽象的な空間であり…

男女の足元には花が咲き乱れています。

●ウイスキーファインド ミャオジアム アルマニャック31年●

御紹介は、1989年にフランスのラリコーンエステートによって生産されたブランデーです。

ブドウの品種は、ウグニブラン(50%)、バコ(40%)、フォレブランシュ(10%)です。

オーク樽で31年間熟成された、貴重で稀少な最高峰の長期熟成ブランデーです。

シングルバレルのオリジナルワインは力強く瓶詰めされ、香りは非常にゴージャスで豊か…。

入り口の後の感触は優しく細心の注意を払っており、色とりどりの花はトロピカルフルーツの風味と絡み合って… 何より味わいまでロマンチックです。

まさに秀逸なブランデーそのものを芸術として捉えていて… 1枚の絵画に準えてリリースした最高作品となっています。

※お一人様一本限りとさせていただきます。
※僅少数に付き、売切れの際はご容赦下さい。

ワイナリー名……La Licorne
蒸留年…………….1989年
バレル番号………ホッグスヘッド#124
アルコール………46.5%

#ウイスキーファインド#バアルマニャック31年#1989#山本修#LeLicorne#ミャオジアム#猫#猫美術館#スコットランド#Scotland#NorthHighland#whisky#Scotland#whiskey#ホグスヘッド#Hogshead#aged#カスク#ウイスキー#Cask#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。