【まんさくの花 愛亀ラベル】


【まんさくの花 愛亀ラベル】「純米吟醸 一度火入れ原酒」

 

マンサク(万作・満作)の名は、春一番に咲く「まず咲く」という言葉が変化して付けられたと言われています。

 

マンサク(万作•満作)はたくさんの花をつけることから、作物の豊年満作の願いを込めて古くから親しまれてきました。

また、神様に手を合わせて、稲の豊穣に感謝する花としても知られています。

 

●日の丸酒造●

出典http://tohoku-sakurakaido.jp/sakagurakaido/sakagura/view/64

日の丸酒造は、創業は元禄2年(1689年)。

蔵の名前は、秋田藩主•佐竹公の紋処が「五本骨の扇に日の丸」だったことにちなんで命名されたといわれる蔵元。

 

秋田県横手市は、古くから良質な酒造好適米の産地として知られており、秋田流寒仕込みでの長期発酵によってお酒を醸し 槽

絞りを行います。

 

絞りたてのお酒の大半はタンクでの貯蔵ではなく、一本一本瓶に詰めて貯蔵。

その上で入念に熟成させるという こだわりを持っています。

 

●愛山 × 亀の尾「限定品」●

今年は「まんさくの花」で長く取り組まれているお米の1つ「亀の尾」と、正反対の性質を持つ「愛山」を一緒のタンクで組み

合わせ醸した特別な純米吟醸「愛亀」が届きました。

 

「愛山」と「亀の尾」は、どちらも圧倒的ファンの多いお米…

そんな人気の酒米同士が結ばれて… 1つのお酒となっています。

 

地酒ファンにとっては、「まってました」と言わんばかりの魅力が詰まった可愛らしい「愛亀ラベル」です。

●酒造好適米「愛山」と「亀の尾」●

現存する有名な人気酒米のなかで、収穫量が少なく「酒米のダイアモンド」と呼ばれ最高峰米としても知られる「 愛山 」で醸

されています。

 

そんな「愛山」に加えられたのは、幻の米「亀の尾」…。

 

明治初期、山形県余目町(現・庄内町)の篤農家、阿部亀治翁が発見されたと伝えられる育種した幻の米「亀の尾」。

 

ササニシキ•コシヒカリといった現在の有名品種の祖とされています。
素晴らしい酒米でしたが、栽培の難しさから昭和に入り途絶えてしまい、近年では美味しさのみが語り継がれる伝説の米となってしまいました。

 

蔵元では、平成16年から地元農家と共に「亀の尾」の栽培に取り組んでいます。

 

●感謝の気持ちが込められたラベル絵●

亀の尾仕込は生産量が少ないため、手書きの『亀ラベル』で限定販売しています。

とても人気となっている「亀ラベル」にも、こだわりが詰まっています。

今年は「愛(ハート)」も加わり、さらに可愛らしいデザインとなりました。

 

また亀の甲羅には、「米」の文字が描かれ、五穀豊穣に感謝する気持ちが込められています。

 

● 「亀ラベル」は特約店のみ限定です●

こちらは「まんさくの花」特約店の中でも、割り当てられた酒販店のみ限定出荷されています。

先ずは、口の中に亀の尾の特徴である酸味・旨味がシャープに広がります。
続いてB酵母(自社酵母)と愛山が一体となり、最後は 優しい甘みを感じます。

2つを一つにした、素敵な「愛と亀」のハーモニー…

素晴らしい味わいを、あなた自身でお愉しみください。

 

産地…………秋田県(横手市)
蔵元…………日の丸醸造
アルコール..16度
原材料……… 米(秋田県産亀の尾74%、兵庫県産愛山26%)
精米歩合……55%
甘辛…………..やや甘口 

 

#純米吟醸一度火入れ原酒#愛亀ラベル#亀の尾#純米吟醸#亀ラベル#亀の尾仕込#一度火入れ#愛山#秋田県#日の丸醸造株式会社#日本酒好き#横手市#日の丸醸造#sake#Japanesesake#酒好き#japanesedrink#日本酒#地酒#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。