【夢山水十割 「奥 」十年低温熟成】

 


【夢山水十割 「奥 」十年低温熟成】

尊皇蔵元は、愛知県西尾市の幡豆地区に蔵を構えています。

この地区は三河湾国定公園に指定され、眼前に広がる大海原には“前島”、“沖ノ島”といった小島が点在し、変化に富んだその美しさは“東海の瀬戸内海”とも称されています。

仕込み水には、伊勢神宮を臨む霊峰三ヶ根山麓の伏流水を使用して酒造りを行っています。

幡豆の豊かな自然が育んだ水と、澄んだ空気、そして独自の酒造りノウハウのハーモニーから生まれた製品群の数々は「尊皇(尊王)」をはじめ「奥」などのブランドで、 愛飲家の皆様から高い評価を受けています。

そんな尊皇蔵元より奥三河で契約栽培した高品質酒米「夢山水」の可能性を探り続け、熱烈なファンの多い日本酒「奥」の数量限定品をご紹介致します。

 

出典https://note.com/dainagoyatours/n/nf37cf39d04d1

「夢山水」とは、地元の米で地酒を造りたいという熱い想いで開発・育成された、愛知県独自の酒造好適米です。

この「奥」は、お酒の熟成特性に注目しアルコール度数が18度以上で、これまで体験したことのない”とろみ”が魅力の純米吟醸「奥」を、十年間 低温熟成させた一本です。

華やかな香りを残しつつ、“時間”が生み出したまろやかで深みがかかった味わいをお楽しみいただけるお酒に仕上がっており、通常の「奥」に十年という歳月が醸し出す複雑で濃醇な味わいが癖になるお酒です。

● 全国燗酒コンテスト2019特殊燗酒部門最高金賞●

華やかな香りがあり、しかも出来るだけ濃いお酒を造りたい…

この両立は極めて難しく夢のような話です。

その夢が、長年の研究の末やっと「奥」となり実を結びました。

夢はふくらみます。「奥」を土台とし、奥三河の高品質な酒米「夢山水」に更に磨きをかけ、熟成によってその持ち味を最大限に引き出しました。
御紹介の「十年古酒」は、濃醇な味わいの中にしなやかさを併せ持ったお酒です。

お酒は「自然の幸」であると同時に、「人の幸」でもあります。

いかにすぐれたお米と水があってもそれを加工する人間の丹精がなければ、お米と水の本来のうまさを引き出し、真においしいお酒をつくり出すことはできません。
蔵元の酒造りは「非妥協の職人魂。」

酒専用に厳選された醸造用玄米、三ヶ根山麓の良質な伏流水を主原料に精米からもろみ、貯蔵、さらには瓶詰めに至る全工程に独自のノウハウを投入。
工程ごとに丹念に品質を管理しながら、本物のうまさをとことん追求しています。

蔵元の醸し上げる本気の一本をお楽しみ下さい。

産地…………愛知県(西尾市)
蔵元………… 尊皇蔵元 山﨑
アルコール..18.5度
原材料……..夢山水
精米歩合…..60%

#夢山水#奥#奥三河#純米大吟醸#愛知県#清酒夢#山水#十割#奥#十年低温熟成#尊王#山﨑#西尾市#oku#sake#Japanesesake#Snowpeak#japanesedrink#Aichi#日本酒#地酒#尊王蔵元#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。