カリフォルニアでトップ注目のワイン2種


カリフォルニアでトップの注目度●

「いずれ伝説となる二人の序章」

今をときめく オーパスワン、ロマネ・コンティ、ムートン、スクリーミングイーグルなど… すべて初めは無名からのスタートでした。

かつて当店で手頃な価格だったワインの多くは、今や手が届かないカルトワインとなってしまいました。

今回は、必ずや将来に伝説となる二人が醸す知る人ぞ知るワイン「サンディ」を御紹介します

サンディはサンタ・バーバラ・カウンティのサンタ・リタ・ヒルズの厳選したブドウ畑からワインを造る少量生産のワイナリーです。

2010 年に当時マイケル・ミーナ・レストラン・グループのワイン・ディレクターだったラジャ・パーと醸造家のサシ・ムーアマンによって設立されました。

 

サンディのコンセプトは至ってシンプルで、「人」、「土壌」、「ブドウ」というワイン造りに欠かせない3 大要素を、一つの「形」にすることです。

これは、素晴らしいワインを造るということはもとより、働く社員や自然環境にも配慮することを意味します。

 

カリフォルニアにおいてピノ・ノワールとシャルドネの聖地とも言えるサンタ・バーバラ・カウンティというテロワールを用いて、どれだけ素晴らしい「形」を造るかが、サンディの真髄です。

ワイナリー名の「サンディ」はラジャの故郷であるインドのサンスクリット語で連音や協力を意味します。

ラジャとサシはオレゴンのイヴニング・ランドでもコラボレーションをしており、オレゴンでのエレガント・ムーブメントを牽引しています。

そんなサンディより2本のワインをご紹介します。

● 加水、補糖、補酸は行わず、酵素や安定剤等も一切添加しません●

【Sandhi Pinot Noir Sta】写真左

淡いルビー色。ジワジワと香るスパイス、塩味、バラの花ビラ、ブルーベリー、ビングチェリー、野生のブラックベリー、スパイシーサラミ、アマーロ、ラズベリージャムがあります。

口に含むとライトからミディアム・ボディのワインで、スパイス感と旨味がフワッと広がり、きめ細かいタンニンと酸が果実味と絶妙なバランスを保ちながら長い余韻に感じられます。

産地…………アメリカ(カリフォルニア)
蔵元…………サンディ
アルコール..13.5度
ぶどう………ピノ・ノワール100%

【Sandhi Chardonnay Sta. Rita Hills】写真右

シャルドネを栽培醸造するうえで最も大切にして目指していることを、よく捉えているワインです。

はじめに感じる香りの印象は、かすかに還元的で火打石のようなミネラルがあります。

味わいは緊張感がありつつ、とても生き生きとしていて、かつ豊かな口当たりが長い余韻に繋がります。

カスタードと澱のようなコクのある香りに、砕いた石や海風を彷彿とさせるスモーキーな香りがあります。

葡萄の持つピュアな味わいとサンタ・リタ・ヒルズの土地の個性が引き出された一本。

アルコール..13度
ぶどう………シャルドネ

#Sandhi#PinotNoirSta#Chardonnay#RitaHills#USA#redwine#whitewine#アメリカ#カリフォルニア#California#サンディ#赤ワイン#白ワイン#カリフォルニア#ピノノワール#シャルドネ
#ヴィンテージ#ワイナリー#ぶどう#アニバーサリー#anniversary#酒屋#愛知県#岡崎市#浪漫酒創庫あつみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。