【キルケラン12年】


【キルケラン12年】

・キャンベルタウンの新たな息吹

約125年ぶりに、キャンベルタウンに設立された、ミッチェルズ・グレンガイル蒸留所

1925年に閉鎖されたグレンガイル蒸留所と同じ敷地に建てられました。

 

実はこの蒸溜所再建プロジェクトの背景には大人の事情があり、当時スコッチウイスキー協会がスプリングバンクとグレンスコシアの2つの蒸留所しか残っていなかったことから

キャンベルタウンをウイスキーの産地呼称が許される地域としての認定を取り消そうとしました。

 

そのためスプリングバンクは、ミッチェル家としてはウイスキーの産地としてキャンベルタウンの名前を守るため

街で操業している蒸留所の数を最低3つに増やす必要があったと言われています。

そんな背景もあり、スプリングバンク蒸留所とは姉妹関係にあたり

スプリングバンクでフロアモルティングされたライトピート麦芽、スプリングバンクと同じクロスヒル湖の水を使用し2回蒸溜でスプリングバンクのスタッフによりウイスキーは造られます。

蒸溜器は以前ベンウィビス蒸溜所で使用されていたもので、初溜と再溜が同じ大きさなのが特徴的です。

 

キルケランは、年に一ヶ月ほどしか蒸留されていない希少なブランドで「12年」は、これまで「Woek in Progress(進行中、未完成品)」という名で進化し続けながら

リリースをし、キルケランの一つの完成品です。

 

出典https://www.whiskys.co.uk/distilleries/kilkerran-whisky

キルケラン12年

香りは海風を伴ったピートに蜜蝋、バニラ、リコリスが徐々に混ざり合い、柔らかで甘いアロマへと変化。

時間と共に爽やかなライムやレモンの皮、ホワイトペッパーが顔を覗かせます。

 

口に含むとキャンベルタウンモルトらしい潮気と共にメロン、蜂蜜、トフィー、そしてピートスモークが心地よく混ざり合い、ジンジャーブレッドへと変化して行きます。

フィニッシュにコーヒービーンズチョコのほろ苦い甘さが続きます。

 

原産国 :スコットランド

アルコール度数 :46%

内容量 :700ml

 

モルトファンが待ちに待ち焦がれた、一本であり

スプリングバンクに引けを取らずにおいしく、独創的でさっぱりした印象ウィスキー。

#12年#キルケラン#シングルモルト#Campbelltown#キャンベルタウン#SINGLEMALT#へーベルバーン#スプリングバンク
#whiskey#カスク#ウイスキー#バーボン#Cask#whiskylove#whisky#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。