【たちばな原酒】


【たちばな原酒】

 

かつて幻の焼酎として知られた麦焼酎「百年の孤独」、麦焼酎「中々」、芋焼酎 「㐂六」など。

 

そんな黒木本店が誇る限定焼酎「たちばな原酒」を御紹介します。

 

宮崎県児湯郡高鍋町の黒木本店は、明治18年に創業した歴史ある蔵です。

 

幻の焼酎「百年の孤独」が誕生するまでは、黒木本店はその他大勢の焼酎蔵の1つでした。
しかし、ある事ですぐに脚光を浴びていきます。

 

出典https://www.kurokihonten.co.jp/

 

令和天皇陛下(当時皇太子殿下)がご成婚の際、殿下のお気に入りのお酒として、百年の孤独がテレビで紹介されました。

このことがきっかけで百年の孤独、そして黒木本店の名は焼酎を普段飲まない層にまで認知されました。

 

創業以来、「焼酎一筋」の信念のもとで、土地に根ざした焼酎造りに取り組んでいます。

 

ご紹介の【たちばな原酒】は地元での原料にこだわっており、宮崎・湯児産の甘みが深いさつま芋「黄金千貫」を掘りたて一つ一つを手に取り厳選しています。

米麹には、地元宮崎産「ヒノヒカリ」です。

焼酎のモロミ廃液なども肥料として活用した循環型の有機農業に取り組み、原料から焼酎を造り上げています。

 

割り水、ブレンド等による一切の調整をしない単一原100%の芋焼酎です。

 

原酒ならではのコクと深みのある風味があります。通常のたちばなよりもインパクトのある味わいですが、後味はスッキリとしており、芋の甘い余韻がほのかに感じます。

その製造には長い時間がかかり、手造りにこだわる黒木本店経営ポリシーのため、酒造本数は非常に少ないです。

その為、生産される焼酎はいずれも入手が困難でプレミアの値段がついていることも少なくはありません。

 

ゆっくりと長い時間かけて貯蔵され、芋の甘味が存分に味わえる一本になっております。

この機会に是非ご賞味ください。

産地……………… 宮崎県児湯郡高鍋町
原材料……………甘藷(黄金千貫)・米麹
蒸留方法…………常圧蒸留
麹…………………..白麹
アルコール度数..37%

#宮崎県#児湯郡高鍋町#黒木本店#たちばな原酒#焼酎#きろく#百年の孤独#さつまいも#焼酎好き#焼酎#本格焼酎#sake#Japanesesake#酒好き#japanesedrink#shou#syouchu#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市#お酒


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。