【手取川 純米吟醸 生原酒 “石川門”】


【手取川 純米吟醸 生原酒 “石川門”】

標高2,702メートル、万年雪をたたえた「白い山=白山」は富士山、立山と共に日本三名山のひとつです。

白山の雪解け水は、「生命の水」となってあらゆる命を育んできました。
ふもとの人々は、「白山の水をいただく」という感覚で農耕にいそしみ、山を仰いでは感謝の祈りを捧げてきました。

酒米「石川門」は「地元のお米を使い地元の水で仕込んだ旨い地酒を醸したい」と言う吉田酒造店の夢を実現するお米です。

水とお米が無ければ日本酒は生まれません。

想いや人を「つなぐ酒、つなぐ蔵」をコンセプトに農家さんとの “繋がり” を積極的に大切にし、大地を感じ、土を学び、人の想いを尊び、手と手を取り合いながらこの日本酒は出来上がります。

地元山島地区の農家さんに依頼し本来、早稲品種といわれる石川門を1ヶ月田植えを遅らせる「遅植え遅刈り取り」による酒米を9月に収穫。
そして2月、寒仕込みによる待望の純米吟醸を仕込みました。

 

出典https://www.my-fav.jp/spot/69770/

酒造にとって「石川門」は、 とても繊細で蔵人泣かせの酒米です。
上手に醸せば「石川門」特有の深い甘みが表現できると、何年間も試行錯誤の末、ようやく最高の状態でお届けできるようになりました。

高精白で仕込んだ純米吟醸は、リンゴをかじったような爽やかな香りと上品な甘さを加味した優しい味わい。

仕込んだままの味わいをじっくりと堪能して頂きたいと、あえて無濾過生原酒として発売。

地域の風土と伝統文化に培われた手取酒を継承し、高品質・高品格な酒造りを通じて全ての人々の幸せを願う手取川の真骨頂を、心行くまでお楽しみ下さい。

産地………… 石川県(白山市)
蔵元…………吉田酒造店
アルコール..15度
酒米………….石川門100%
精米………….麹米50%、掛米60%

#手取川純米吟醸生原酒石川門#手取川#純米吟醸#生原酒 #石川門#吉田酒造店#無濾過生原酒#石川県#白山市#日本酒#sake#Japanesesake#米#酒好き#水#japanesedrink#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。