【ティーリング ワインカスク22年1999】


【ティーリング シングルモルト 22 リブサルト ワインカスク1999 for スリーリバース】

ティーリングウイスキー社は、アイルランドのダブリンに本拠を構えるインディペンデントボトラー(独立瓶詰業者)です。

現在、世界中で大人気となり入手が難しくなってしまったウイスキー「TEELING 」。

アイリッシュウイスキーのイメージを変えた、インディペンデントボトラーです。

今回の御紹介は、”22年熟成”の ティーリングです。

1999年の長期熟成で、最新リリースとなります。

しかも、人気のリブサルトカスク(フランス産甘口ワイン)で熟成…

プレミアアイリッシュウイスキーと言っても、過言ではない逸品です。

リブサルトカスクにて、長期熟成という…

またとない、夢の様なティーリングです。

 

●ティーリング蒸留所●

出典https://liqul.com/entry/4209

ティーリングウイスキー社は、アイルランドのダブリンに本拠を構えます。

その起源は古く… 1782年にウォルター・ティーリングがダブリンのマローボーンレーンに造成した蒸留所に始まります。

再び、アイリッシュウイスキー業界にアイルランドの ”独立” の気運を取り戻そうと…

2012年、クーリー社の社長であったジャック・ティーリング氏によって設立されました。

現在は、クーリーを離れてハンドクラフト&スモールバッチのアイリッシュウイスキー「ティーリング」を生産しています。

ティーリング家は、ダブリンでウイスキーの生産が盛んだった1700年代に蒸留所を所有していました。

アイルランドの蒸留所と樽の供給に関する契約を結び 、樽を長期にわたり確保することに成功…

後に、自ら蒸留することを計画します。

こうして同家ゆかりのダブリン市内の有名なセントパトリック大聖堂から、僅か500メートルの距離にティーリング蒸留所がオープンしました。

既にティーリング蒸留所で蒸留された「シングルポットスティル」や、ピーテッドタイプの「ブラックピッツ」もリリースされています。

 

●今後 さらに入手困難に…●

さらなる人気が予想される「ティーリング」。

WWA (ワールド ウイスキー アワード)にてベスト アイリッシュシングルモルト(2015)を受賞するなど…

その動向が、世界のウィスキーファンから注目を集めています。

日本のみならず、世界のファン垂涎の的であるティーリング…

人気のアイルランドのクラフトビール「ドットブリュワリー」とのコラボレーションなど…

スモールバッチの”限定品”ともなれば、より入手できなくなるのは想像に難くありません。

 

●シングルモルト 22年 1999 リブサルト ワインカスク●

1990年代 ラストヴィンテージ
“1999年”… for スリーリバース

前回も、同じくシングルカスクでリリース…

フルーティーで、セクシーなテイストを充分に堪能できました。

今回も、そのポテンシャルの高さは期待以上で健在です。

このティーリング1999 22年熟成は、リブサルトカスク(フランス産甘口ワイン)フィニッシュにより…

さらに、エレガントな甘みとトロピカルフレーバを感じられ…

勝るとも劣らない、素晴らしいテイストに仕上がっています。

また、今回の熟成年数は 22年ですが…

今後は 2000年代前半の蒸留も、熟成20年オーバーとなっていきます。

1900年代ヴィンテージは、幻の存在となっていくに違いありません。

 

ー以下テイスティングノートよりー

色は、ディープなゴールデンカラー。

香りは マンゴーバニラ、マスカット、ピーチ、ローズティー…

ボディは、エレガントにトロっと甘く…

奥から パッションフルーツやグレープルーツキャンディー、ローズウォーターなど…

フィニッシュは、上品なフルーツティー茶葉のタンニンが長く続く。

…1990年代のラストヴィンテージ。

是非、お見逃しありませんように…

お早めの御来店を お勧めします。

 

※僅少数の入荷しかありません。
※売切れの際は御容赦ください。

 

産地…………アイルランド
蔵元…………ティーリングウイスキー社
カスク…… リブサルトカスク(フランス産甘口ワイン)
アルコール…51.2%

 

#TEELING#TEELING22yo#リブサルトカスク#ティーリング22年#ティーリング#TEELING1999#アイルランド#カスク#ウイスキー#限定酒#Cask#whiskylove#whisky#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。