【カンバス 1998 27年 ポートダンダス1988 27年】


【カンバス 1998 27年 ポートダンダス1988 27年】

【カンバス 1998年 27年熟成 &ポートダンダス1988年 27年熟成】

 

●THE NOW CLOSED●
「どちらも閉鎖蒸留所」

貴重な「80年代のカスクストレングス」グレーンウイスキーの御紹介です。

 

ほとんどが閉鎖されている今、長期熟成グレーンを味わえる機会はますます少なくなっていくはずです。

どちらも閉鎖蒸留所で、恐らく今となっては当店しか出会えないシングルグレーン2本揃で「1988年」のヴィンテージとなります。

 

何れも「ジョニーウォーカー」等のブレンデッドウイスキーに使用されていた主要銘柄です。

出典https://www.johnniewalker.com/ja-jp/

 

【「カンバス 1988 27yo」ハンターレイン社 ソブリン】

 

●総生産本数287本 シリアル番号付●

 

「カンバス」は、当時の国内入荷数わずか30本程といわれています。

 

かつてはUD社のエース的グレーン蒸留所であったものの1993年閉鎖。
まさに貴重なストックとなります。

 

ソブリンとは王様や女王様など、社会的立場の高い主権者のことを指す言葉です。

 

選び抜かれた大変貴重な最高ランクのグレーンウイスキーを「シングルカスク カスクストレングス」でリリースしていくという意味が込められています。

 

近年、現地ボトラー各社が競うように注目を寄せているグレーン原酒。

 

その魅力は長熟域において更に昇華することもある妖艶ともいえる魅惑のポテンシャルを持ち合わせます。

グレーンのなかでもリリースが少ないながら、モルトファンの好みに通じるところの多い「カンバス原酒」。

 

1980年代となれば、長熟エイジングとして高いコストパフォーマンスを持ち、こなれた度数でのボトリングは高い期待を持てる興味深い存在です。

 

●味わい●

ふくよかで甘さがあり、バニラファッジ、煮込んだルバーブとアプリコットが はっきりと感じられ、柑橘類の果皮のほのかな香りが漂います。

 

口に含むと、絹のように滑らかでクリーミーな甘さが出てきて、フルーツの盛り合わせのようです。
トフィーが現れたと思うと、次第にスパイシーで余韻の長い、わずかにフルーティーなフィニッシュが存分に楽しめます。

 

生産地……..スコットランド
原材料……..シングルグレーン
アルコール..46.7度

 

【「ポートダンダス 1988 27yo」ダグラスレイン社 オールド パティキュラ】

 

●総生産本数249本 ラベル記載●

 

1948年スコットランド グラスゴーにて創業。
豊富なアイテムや、その素晴らしい品質で、世界のモルトラバーを魅了し続ける大御所ボトラーのダグラスレイン社。

 

「ポートダンダス」蒸溜所は1811年から1813年にグラスゴーの中心地から1マイルほど離れた運河沿いに創立されたスコットランドで最も古いグレーンウイスキー蒸溜所のひとつです。

 

ジョニーウォーカーだけでなくホワイトホースとも強いつながりを持っていました。
されど残念ながら2009年に閉鎖されました。

 

当たり前ですが、ブレンデッドウイスキーの醍醐味はモルトとグレーンによって成り立ちます。

 

シングルモルトとは趣の違う、シングルグレーンの風味を… この機会に味わっていただければと思います。

 

●味わい●

クリームブリュレやバニラクリームに続き、バナナやバタースコッチにフルーツが広がります。

長い余韻を残すのはクリーミーなシリアル、さらに焦がした砂糖にほのかなシナモンを感じます。

 

生産地………スコットランド
原材料………シングルグレーン
アルコール…57.3度

 

ご紹介の2本ともシングルグレーンのヴィンテージで、まさに至宝です。
しかも80年代で閉鎖蒸留所となれば、間違いなく今後大注目の2本です。

 

※僅少数ですので売切の際はお許し下さい。
※お一人様一本限りとさせていただきます。

 

#ポートダンダス#カンバス#シングルグレーン#1988#27yo#カスクストレングス#閉鎖蒸留所#スコットランド#カスク#ウイスキー#限定酒#Cask#whiskylove#whisky#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。