【戸河内BEER CASK FINISH】


【戸河内BEER CASK FINISH】

 

1918年、広島県廿日市市の桜尾で産声をあげた中国醸造。

 

広島県の南西部に位置し、穏やかな気候の瀬戸内海沿岸部と西中国山地の中山間地域から形成されています。

また、厳島神社のお膝元でもあり非常に歴史のある街でもあります。

 

大正7年(1918年)、酒造りに使うアルコールの製造会社として創業。
昭和38年に清酒の製造を開始しました。

 

「他メーカーが造れない酒造り」をモットーに取り組むのが、“弥山シリーズ”です。

今も多くの人々に愛され親しまれています。

 

2018年、洋酒づくりの新たな可能性へ挑戦するため広島発のクラフト蒸留所「SAKURAO DISTILLERY」を設立しました。

出典https://www.sakuraobd.co.jp/

合言葉は、伝統と革新で広島から世界へ…。「SAKURAO DISTILLERYが生み出す伝統と革新が、次の100年をつくる。」
長い間培われてきた技術や伝統を大切に、次の100年へと挑戦を続けています。

 

戸河内ウイスキー BEER CASKFINISH

 

元々カリブ海にあるフランス領マルティニーク(Mattinique)のラム熟成樽を使用しています。

フランスのPopihn BreweryにてIPAビールに14ヶ月使用された樽(Beer Cask)で後熟(ウッドフィニッシュ)。

味わいは、IPAビールに由来するさわやかなホップの香りと苦みがあります。
またラムに由来するハニーの香り、ウッドフィニッシュに由来する焼きりんごのような甘味が加わり、甘みと苦みに熟成した甘い果実の香りが調和したウイスキーとなります。

桜尾のモルト、グレーンは使っておらず、スコットランドから輸入したバルクウイスキーを、安芸太田町(旧:戸河内町)にあるトンネル跡を利用した自前の貯蔵庫で熟成させ、ブレンドを行っています。

 

色は琥珀色で、香りにハニー、バニラ、ホップ、焼きりんごの香り

味わいには、ハニーやバニラの甘味と爽やかな苦味が特徴で、ビターな後味と甘い香りの余韻が長く残ります。

 

ラム酒の甘い香りとIPAの強いホップの香りが兼ね備わった、面白味のあるいいとこどりの1本です。

価格もお値打ちなのでぜひお試しください。

 

原産国………広島県廿日市市

アルコール…40度

主原料………モルト・グレーン

 

#戸河内#広島県#ビールカスク#Beer Cask#ジャパニーズウイスキー#桜尾#ハイボール#SAKURAO#カスク#ウイスキー#ウヰスキー#Cask#whiskylove#whisky#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。