【特別純米酒 「十水 」無濾過生原酒「極」限定酒】


酒販店予約発注数量のみの生産
【特別純米酒 「十水 」無濾過生原酒「極」限定酒】

しぼりたての「十水」の原酒を速やかに生のまま無濾過無調整し瓶に閉じ込めた、槽口でしか味わうことの出来ない無濾過生原酒「極」限定酒。

こちらのお酒は十水仕込みの旨味をそのままお届けする為、予約受注生産のみの特別限定酒です。

お酒の名前にも採用されている「十水」は江戸時代に行われていた『十水仕込み』製法を示し現代ではとても珍しい製法を示します。

この十水仕込みとは、江戸時代に編み出された製法で良酒を求めて米を磨きます。
白米1石(こく•約180L)に対し1石の水加える製法のことで 容積換算で1:1になる仕込みは、それ以前よりも汲み水率(仕込み中の水の比率)が高くなり「延びの効く酒」と評価されました。

現代の日本酒は時代の流れと共に技術も進歩し、以前より高精白が可能になり 汲水率は白米1石に対し、およそ水1.2石の『十二水仕込み』が日本酒界の主流になりました。

『十水仕込み』は白米に対する水が少ない分、醪(もろみ)のコントロールが難しいですが、旨味と甘みの調和の取れた味わいに仕上がります。

近年、鑑評会などの影響で甘味の強いお酒が多くなってきている傾向にありますが、このお酒は大山の温故知新の精神で、杜氏の「十水仕込み」を復活させ、仕込んだ自信作です。

濃醇でコクのある味わいをお楽しみ下さい。

産地…………山形県
蔵元………… 加藤嘉八郎酒造
アルコール..18度
原材料………米、米麹
酵母…………山形KA
精米歩合…..60%

#十水#大山#特別純米酒#山形県#加藤嘉八郎酒造#大山十水#十水仕込み#無濾過生原酒#生原酒#sake#Japanesesake#米#酒好き #japanesedrink#日本酒#地酒#夏酒#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。