【ワットウイスキー2種】


【ワットウイスキー2種 リンクウッド2007 ポートダンダス2000】

 

「リンクウッド2007」
「ポートダンダス2000」

スコッチウイスキー業界で それぞれ約20年もの経験を持つ、ワット夫妻(マーク・ワット、ケイト・ワット)…

リーズナブルと話題沸騰のワットから、またもや コスパ重視のウイスキーが新たにリリースされました。

【ワットウイスキー・リンクウッド2007年 13年熟成】

【ワットウイスキー・ポートダンダス2000年 20年熟成】

以上2種類を、御紹介いたします。

 

●ワットウイスキーとは…●

出典http://auld-river.com/products/detail.php?product_id=3307

スコッチウイスキー業界を20年近く牽引し続けたワット夫婦が、新たにウイスキーの聖地「キャンベルタウン」で2020年に設立。

…まだ新鋭のインディペンデントボトラーです。

誰もが飲みたくなる良質なウイスキーとラムを、手の届く適正価格で提供したいという考えの下に設立されました。

厳選した樽をノンカラー、ノンチルフィルタリングでボトリングしています。

ブランドのロゴには、Taste bud(味蕾)に着想を得たデザインが採用されています。

これはIt’s all about the taste.というワットウイスキーの哲学に由来し、何よりも味わいを追及するという力強い思いが込められています。

出典https://maltnavi.com/cgi/list.cgi?ctg_id=wattwhisky

ディレクターのマークは、人間が持つSynaesthesia(シナスタジア、共感覚)という知覚現象の内、『香りを色で感じる』ことができるといわれています。

彼が感じた香りをロゴの色で表現し、それぞれのボトリングに個性を持たせています。

 

●ワット「リンクウッド2007」13年●

<国内限定36本>

リンクウッドは、生産量のほとんどをブレンド用に供給しています。

それ故、シングルモルトとして味わえるのは ごく僅かです。

華やかな香りとフルーティな味わいを楽しめる、とても希少価値の高い上質なウイスキーです。

味わい(テイスティングノート)
アーモンドやピスタチオといったナッティな風味…
続いて、粉砂糖、ミント、ファッジが広がります。

産地…………スペイサイド
蔵元…………ワットウイスキー
アルコール..59.3度
カスク………ホグスヘッド

 

●ワット「ポートダンダス2000」20年● 

<国内限定36本> 

「ポートダンダス」蒸溜所は、1811年から1813年にグラスゴーの中心地から1マイルほど離れた運河沿いで創立されました。

スコットランドで、最も古いグレーンウイスキー蒸溜所のひとつです。

ジョニーウォーカーだけでなく、ホワイトホースとも強いつながりを持っていました。

されど残念ながら、2009年に閉鎖されました。

大変に珍しい、長期20年熟成のシングルグレーン。

しかも閉鎖蒸留所で、記念すべき2000年ヴィンテージ。

味わい(テイスティングノート)
塩キャラメルのような風味が特徴的です。
焼いたオレンジ、ジンジャーブレッド、クリームが広がります。

産地…………スコットランド(ローランド)
蔵元…………ワットウイスキー
アルコール..57.1度
カスク………バレル

 

※すべて生産数は、ごく僅少数です。
※売り切れの際は、御容赦ください。

 

#ワットウイスキー#watt whisky#リンクウッド2007#ポートダンダス2000#ワット夫婦#シングルカスク#whisky#ポットスティル#ワット#ウイスキー#限定酒#Cask#whiskylove#whisky#vintage#Japan#aichiprefecture#岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。