【ベンロマック40年】


【ベンロマック40年】

 

上質なスコットランド産の大麦と湧水を使用し、 経験豊かな3人のディスティラーが造るベンロマック。

ベンロマックといえば、聖地スペイサイドで最も小さな蒸留所として知られています。

現在、定番の最も長熟品は21年物です。

ご紹介は、およそ半世紀にわたって現代に生き遺った 往古のベンロマック原酒。

大変貴重な、オフィシャルボトルとなります。

 

●日本入荷30本のみ●

ウイスキー写真素材、ロイヤリティフリーウイスキー画像|Depositphotos®

ベンロマック蒸留所の長期熟成品は、閉鎖以前に蒸留され熟成倉庫にて眠りについている貴重な古樽のみとなりますが、

これから年に1回のみ、この熟成庫より厳選した長期熟成品をカスクストレングスで ボトリングし、リリースしていくとアナウンスがありました。

その第一弾として発売されたのが、 この「ベンロマック 40年」になります。

日本へ許されたのは、僅かに30本の輸入のみとなります。

 

●ベンロマック蒸留所●

出典https://www.liquors-hasegawa.com/SHOP/28201.html

ベンロマック蒸溜所は、スコットランドの北東に位置するスペイサイド地方のフォレスにあります。

『Benromach(ベンロマック)』はゲール語で『木や草の生茂る山』という意味だそうです。

スペイサイド地方は大麦の生産地であり、燃料となる泥炭(ピート)も豊富で ウイスキー造りに最適な土地です。

歴史あるベンロマック蒸留所ですが… 1983年3月24日、その長い歴史に一旦終止符を打ちました。

それから15年後… 蒸溜所創立100周年の年にゴードン&マクファイル社によって再開され、現在に至ります。

GM社により再開してからのベンロマックは、戦前・戦後のヨーロッパのみならず…
世界中が混乱していた時代のレシピを参考に、今ヘ蘇らせた味わいとなっています。

 

●ベンロマック40年●

何と言っても驚くのは、ダークな魅惑的な濃い琥珀色と、その味わい…

オロロソシェリーの風味を活かした、濃厚でフルーティな味わいです。

かつてベンロマックは 麦の風味を前面に出した、比較的ライトな原酒がほとんどでした。

ファーストフィル オロロソによる長熟古酒は、レア中のレアで歴史遺産ともいえる逸品。

すべての方に味わっていただきたい、往年の風格と貫禄を湛えた特別なベンロマックです。

 

ー以下テイスティングノートよりー

雰囲気出る!】おすすめロックグラス厳選!100均から高級ブランドまで比較!

香り:こくのあるジンジャーと煮込んだフルーツのアロマの後から、シトラス、シナモン、トフィー、蜜蝋ワックスを感じる。
味わい:セビーリャオレンジの強い風味とともに、赤いリンゴやデメララシュガーを感じる。
フィニッシュ:シトラスの表皮とチャーしたオークを感じる。

…シンボルカラーでもある「赤」を、敢えて封印しています。
…重厚な黒いケースと、品格あるラベルは歴史を物語ります。

 

産地…………スコットランド (オフィシャル)
アルコール..57.1度
カスク………ファーストフィル オロロソシェリー

生産本数…..1047本(日本入荷30本のみ)

 

#Benronach#ベンロマック#40年#1898#スペイサイド#カスク#ウイスキー#whiskylove#Scotland#スコットランド#whisky#スコーチ##岡崎市#酒屋#愛知県#浪漫酒創庫あつみ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。