【恵那山Cheers純米大吟醸「富山五百万石」】


【恵那山Cheers純米大吟醸「富山五百万石」】

 

慶長6年(西暦1601年)以来、400年以上にわたって酒造りを行ってきた「はざま酒造。」

南アルプスの最南端、霊峰 恵那山の伏流水を仕込水に醸される一本。

出典http://enasan.jp/kuramoto/

恵那山は長野県阿智村と岐阜県中津川市にまたがる、中央アルプスの最南端の標高2,191mの山で、日本百名山及び新・花の百名山に選定されています。

日本最古と云われる歴史書の古事記や日本書紀にも「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」が登拝したことが記されています。

地元では、天照大神が産まれた時「胞衣 えな(へその緒)」を納めた地とも伝え… 多くの伝承を持つ霊山として知られています。

 

はざま酒造は 恵那山から頂く「いのちに水」に感謝を込めて、清らかな水のごとく澄んだ酒を目指し 酒名を「恵那山」と名付けています。

 

●日本を応援するCheers●

日本でも先の見えない状況が続いています。

「Cheers(チアーズ)」という言葉には乾杯という意味に加えて応援するという意味もあります。

「こんな時だからこそ、普段から恵那山を楽しんで下さっている皆様や、酒販店、そして飲食店の方々を応援したい。」

「そして、なにより この日本酒をお楽しみいただくことで、恵那山に関わってくださる全ての人々に笑顔になっていただきたい。」

 

御紹介は、そんな想いを込めて造られた特別限定酒Cheersです。

 

●恵那山Cheers純米大吟醸「富山五百万石」●

富山県産五百万石と山田錦を40~50%まで磨き醸された火入の純米大吟醸です。

 

されど価格は純米酒レベルという、まさに飲み手と料飲店と酒屋への感謝を込めた応援酒です。

 

今回は、敢えて富山県産の五百万石を原料米に使用して醸されました。

 

●味わい●

硬めの富山県産 五百万石を低温でじっくりと醸すことで、綺麗で澄んだ味となっています。

 

青いバナナの香り、お米の旨味をしっかりと表現しつつ キレの良い味わいは、さながら高級酒と遜色ない仕上がりです。

ラベルは、富山湾の夜光虫をイメージした淡い紺色の色使いとなっています。

 

「しあわせは、お蔭様への感謝のこころから…」

 

感謝の心で醸されたCheers恵那山で 一献傾けて…、
皆様が笑顔になっていただけましたなら幸いです。

 

産地……..岐阜県(中津川市)
原材料….. 山田錦・五百万石
精米歩合….麹米40%・掛米50% 

 

#恵那山cheers純米大吟醸#恵那山#富山五百万石#岐阜県#中津川市#cheers#日本酒好き#はざま酒造#限定酒#sake#Japanesesake#米#酒好き#japanesedrink#日本酒#地酒#生酒#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。