【大吟醸ほしいずみ 金賞受賞酒】


【大吟醸ほしいずみ 金賞受賞酒】

●愛知の醸造文化を今に伝える「ほしいずみ」●

 

手造りの酒を醸し続けて100年余り…。
大正6年から愛知の知多郡阿久比町に酒蔵を構える丸一酒造。

出典https://www.sakagura-press.com/sake/hoshiizumi/

肥沃な土地と温暖な気候に恵まれ、古くから農業が盛んであった愛知県。

 

海に面した湿潤な気候を利用して、「日本酒、みりん、酢、味噌、たまり、白しょうゆ」といった醸造文化の中心地でした。

 

かつて愛知県知多半島は、灘に次ぐ全国第二位の酒処として知られました。

●清澄な湧水の恩恵●

 

知多の阿久比町は、非常に清澄な地下水が豊富に存在しています。

夏の夜は無数のホタルの群舞が見られる場所として有名です。
別名「蛍の里」とも呼ばれている地域です。

 

日本酒造りに欠かせない米と水。

なかでも、日本酒の80%を占めている大切な いのちの水。

丸一酒造を代表する銘柄「ほしいずみ」は、代々護り伝えた敷地内に湧く井戸に映る星から「星 泉」と命名されました。

 

●受賞レースでは無敵の「ほしいずみ」●

 

愛知県のみならず、全国でも新酒鑑評会に於いて素晴らしい唯一無二の連続金賞を誇る酒蔵が丸一酒造です。

2015年も受賞に輝き、これで7年連続受賞となりました。

 

 過去には、全国新酒鑑評会にて なんと9年連続金賞を受賞しています。

丸一酒造は、全国でも比類無き連続金賞記録を誇る酒蔵です。

 

●愛知県清酒きき酒研究会第一位●

●愛知県知事賞受賞●

●令和三年全国新酒鑑評会金賞受賞●

御紹介は、金賞はじめ多くの受賞に輝いた鑑評会出品酒です。

もっとも難しいと言われる大吟醸酒の製造技術と、屈指の受賞経験を活かして醸されました。

国内最高の酒造米とされる兵庫県産「山田錦」を40%まで磨き、低温でじっくりと醸した珠玉の大吟醸です。

 

ちなみに酒米として有名な兵庫県産特A「山田錦」は、神宮(度會)「山田穂」を交配して作られた品種です。
「山田穂」は伊勢山田(度會)の「神宮齊田」で栽培されていた稲穂が起源と伝えます。

 

華やかな吟醸香と軽やかなすっきりとした味わいがあり、キレのいい後味が特徴です。

 

なお 丸一酒造では、木村杜氏から若干29歳という若さの神谷杜氏に変わりましたが… 今年も見事に金賞を獲得しました。

杜氏が変っても酒質は落ちるどころか増していく一方です。

全国に誇る究極の地元酒「ほしいずみ」金賞受賞酒を是非お召し上がり下さい。

 

産地………….愛知県

米…………….山田錦(兵庫県産)

アルコール….16度

精米歩合…….40%

 

#ほしいずみ金賞受賞#ほしいずみ#大吟醸#山田錦#阿久比町#知多#愛知県#丸一酒造#無濾過生原酒#japanesedrink#日本酒#地酒#酒屋#浪漫酒創庫あつみ#愛知県#岡崎市


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。